This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelptranquilitytheascent

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

山を作り、山頂カードを山頂(9段目)に置くことを目指す協力ゲームです。

コンポーネント

アセント(山登り/上昇)カード(:数字の書かれたカード) 72枚
([1~12の数字]x[青,赤,黄色に見える緑の3色]x[同じカード2枚ずつ])
キャンプファイヤーカード 青,赤,緑の3枚
橋カード 5枚
山頂カード 5枚
ガイドロープカード(ソロモードで使用) 3枚
パノラマカード(パノラマオプションで使用) 10枚
ヤギミープル(ヤギオプションで使用) 12個
登山者ミープル(手番マーカー) 1個

ターン

自分のターンでは、カードを1枚出すか2枚捨てて、5枚までドローします。

(5枚まで引けない場合は、引けるだけ引いて最後まで手札のカードが少ない状態でプレイします。)

カードの置き方について

最初は一番左の列(オプションで変更可)か、既にあるカードの右隣か、下に2枚のカードがある上に置くことができます。

横に隣接するカードは異なる色でなければなりませんが、同じ色の繰り返しは可能です。例えば、赤緑赤はOKですが、赤赤緑はNGです。

アセントカードに書かれている数字は、そのカードがどの高さ(〇段目)まで置けるかが書かれてあります。(ex:6は1~6段目に置くことができます)

また、横に隣接して置く場合、隣の数字との差分枚数を手札から捨てる必要があります。(ex:2の隣に3を置く場合は1枚を捨てて、6の隣に2を置く場合は4枚を捨てます。)

必要な枚数を捨てられない場合はプレイできません。

特殊カード

通常のアセントカード(1~12の数字が書かれたカード)と山頂カードの他に、橋カードとキャンプファイヤーカードがあります。

橋カード(Bridge Cards):置く際にカードを捨てる必要がありませんが、ゲーム終了までに他のアセントカードを重ねる必要があります。
置き換える際は隣のアセントカードとの差分を捨てる必要があります。両隣に挟まれている場合は差分の大きい方の枚数を捨てます。(ex:[5 橋 2]の橋に3のアセントカードを重ねる場合、2枚捨てます。)
列の端には置くことができず、ゲーム終了までに全ての橋カードをアセントカードと置き換えていなければなりません。

キャンプファイヤーカード(Campfire Cards):既に置かれている同じ色のアセントカードと置き換えます。置き換えたアセントカードは、直ちに山の上の有効なスペースに移動させますが、これが不可能な場合はキャンプファイヤーカードをプレイできません。
キャンプファイヤーカードは移動させた後もそこに残り、次の数字カードを置く際には、反対側のカードが捨札として必要な値であるとみなして無視されます。例えば、3の右にCがあり、5を置いたので3C5となった場合、3と5を比較して2枚捨札とします。