This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpsoulaween

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーム概要

  • ゲームで、二人のプレイヤーは死神またはその門下生を演じます。巧妙に魂の盤へ石を「打ち」と「返し」、同じ色の石を直線状に4個並べ、魂を揃えます。相手よりも先に魂を3セット揃えられた方が、「Soulaween」を勝ち取れます!
  • ゲームには簡単モードと標準モードがあります。このゲームを初めて遊ぶ方は、まず簡単モードの部分だけ読んで頂ければ大丈夫です。ゲームに慣れてきましたら、続きの標準モードを読み、遊んでみてください。

ゲームの流れ(簡単モード)

  • 一番最近セーターを着たプレイヤーが先手となり、下記の手順に行います:

1. 打つ:供給元から魂の石を1つ 取り、自分で石の向きを 決めて、魂の盤の空いて るマスに置きます。
2. 返す:石を打ったら、すぐに隣の石を全部返します(斜め隣の石はしません)。
3. 揃える:石を返すあと、もし同じ色の石が直線(縦、横、または斜め)で4つ並べていれば、すぐにその4つの石を盤から取り出して、供給元に戻します。そしてハゲタカ先生のチップ そしてハゲタカ先生のチップ 1つを自分の前に置き、1セットの魂を揃えた事を示します。
 注1:毎ターン最大一本の直線しか揃えられません。もし直線が一本以上ある場合(例えば平行線や垂直の十字が出来る時)、手番のプレイヤーが一本の線を選び、それを揃えます。他の線はそのまま盤に残ります。
 注2:打った石が直線を作っても作ってなくても、「揃える」行動に移る時、直線さえあれば、石を揃えなければなりません。
4. (魂の浄化):ターンの終わりに、全てのマスが埋め尽くされたら、最後に打った石の色と同じ色の石を全部盤から取り出して、供給元に戻します。

  • 以上で手番終了です。後手に手番が移り、以上の流れでターンを行います。先手と後手が交互に着手し、誰か先にハゲタカ先生のチップ そしてハゲタカ先生のチップ を3つ集めたら勝ち、ゲームが終わります。

標準モード

  • 標準と簡単モードは流れが同じですが、各キャラクターには違う能力を持ち、所有者の「返す」や「揃える」時のルールに影響する場合があり、勝利条件を変える可能性もあります。次で説明します:


  • 死神ジュニア / 死神パパ

 3種類1つずつを集めたら、勝利します。
 同じ色の石4枚:
 2 x 2 のマスに並べている時、 布チップ 布チップ 1つを取ります
 L字状斜めに並べている時、 鎌チップ 鎌チップ 1つを取ります
 直線状に並べている時、針チップ 針チップ 1つを取ります
 注1:毎種類のチップは最大1つしか取れません。既に揃えたチップと同じ並びになっても、何も起こりません。
 注2:毎ターンチップは最大1つしか取れません。もし出来た並びが複数あっても、1つを選び揃えます。

  • アヌビス / オシリス

 石を揃える時、アヌビスのチップを1つ取り、そして揃えた石の色と同じように、チップの面も同じ色にします──相手が次のチップを手に入る為に、石はキャラクタールールだけでなく、チップの色と同じにするのは必要です。
 注1:相手に与える制限は一度に一つだけです。連続で二回魂を揃えられたら、一番新しく手に入れたチップの色が基準となります。
 注2:制限は相手の次のチップ集めにだけ影響します。相手が一度チップを集められたら、その制限は消えます。

  • 白黒無常(初心者のいるテーブルではお勧めできません)

 ゲームが始まる前に、白無常か黒無常から始まる事を決め、使うキャラを自分の視点によって回して正立し。
 自分の手番が終わる時に、キャラクカードを回して「返す」のルールを変えるかどうかを、好きなように決めてください:
 黒無常 黒無常:隣の石を全部返します。
 白無常 白無常:斜め隣の石を全部返します。

 注:黒無常は黒い円筒形のハットをかぶっています。白無常は白い円錐形のハットをかぶっています。