This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelprememberwhen

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

Remember When ...は、8歳以上、3〜6人用のファミリー向けパーティゲームです。このゲームは、基本的に英語でのストーリーテリングゲームなので、非常に言語に依存することに注意してください。

プレイヤーは引退したスーパーヒーローと再結成したスーパーヴィランで、数年後に集まり、かつての冒険を回想します。しかし、このような場ではいつもそうなのですが、それぞれが仲間を出し抜こうと、かつて自分がやったことの中でさらに素晴らしい話を自慢し合うのです。しかし、本当に面白いのは、皆、老眼のため記憶に誤りがあり、その穴埋めを「仲間」に頼っていることです。だから、ヒーローも悪役も、本当は素晴らしい物語を持っているかもしれないのに、口から出るのは全く違うものになってしまうのです。各プレイヤーには2つの目標があります。1)他のプレイヤーが正しく記憶できるよう手助けするのが一番、2)仲間に認められるような自分だけの記憶や冒険を考えるのが一番です

Remember When...には、4つの単語やフレーズが4面に描かれたユニークなカードが数百枚付属しています。繰り返しはゼロ、つまり10億通り以上の組み合わせがあります。アクティブプレイヤーの手番では、7種類のカードで思い出を作ります。1)いつ、どこで、どのように、(副詞)、(動詞)、(5)記憶の対象の説明(形容詞)、(名詞)、(7)なぜ、この行動をとったか。例えば、"Remember When ..., while searching my other sock, in the crowded grocery store, I repeatedly kiss the furry caveman because the Great Conjunction was at hand!"(混雑したスーパーで、もう片方の靴下を探しているときに、毛皮の原始人に繰り返しキスしたことを覚えていますか?

しかし、Active PlayerはこのSentence/Memoryを自分のカードから作成するわけではありません。他のプレイヤーは、1枚ずつカードを出して、Active Playerを助けようとします。まず、「対象」と「行動」が決められ、読み上げられるので、プレイヤーは自分のカード提出の背景をある程度把握することができます。ある色や種類のカード(例えば「青」)を1枚提出したら、次に別の色のカードを提出しなければなりません。プレイヤーは、カードを裏向きでアクティブプレイヤーに提出しながら、アクティブプレイヤーが実際に選択する4つの単語やフレーズを推測します。カードを出した人の推測と一致した場合、お互いに1点を獲得します。

アクティブプレーヤーが文章を組み立て、「助走点」をつけたら、完成した文章を声に出して読みます(なるべく大げさに読むことをお勧めします)。これは、他のプレイヤーが、どの夜の思い出が一番盛り上がったかを投票するためです! ゲーム終了時に最も良い思い出に投票された人は、2点のボーナスポイントを獲得します。

さらに、BGA版では、ゲーム終了時に最後に立っていた思い出の人が2点のボーナスポイントを獲得します。物理/家庭用ゲームでは、各ゲーム終了時に最高得点とベストメモリーの2つの勝者が存在します。また、家庭用版では、最大9人のプレイヤーが参加でき、「the」の代わりにオプションでオレンジの有名な性格のカードが追加され、空白のカードが付属しているので、自分だけのカードを作成することができます。

Remember When...は、BGAのライブラリの中でもユニークな位置を占めています。とても簡単でカジュアルなゲームですので、親子で想像力を膨らませて楽しんでいただければと思います。

最新のチュートリアルは、私たちの友人であるマシュー・モーラーによる最新のアートワークとともにご覧ください。このゲームを試していただき、ありがとうございます。

また、私たちは積極的に出版社を探しています。もし何かアイデアや連絡先をお持ちでしたら、ぜひ教えてください。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。