This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpnoneshallpass

提供:Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ストーリー

何世代にもわたる長い長い闇の後、4人の英雄が"ブライト"に対して立ち上がった。

輝かしい武器と最も深い魔術で、4人の英雄は邪悪な軍団を殲滅し、広大な土地を浄化し、"ブライト"をねじれた巣穴に追い返した。

彼らは生命の純粋さそのものを振るい、恐ろしい戦いで"ブライト"を打ち負かし、伝説の力でその不滅の残党を封印した。


あなたは四英雄の1人ではありません。

あなたは"ブライト"の封印を守る多くの警備員の中の1人に過ぎず、日々退屈しています。

確かに、モンスターは"主(ブライト)を解放する"ために時々出没しますが、野良犬よりもタフなものが現れてから長い時が経ちました。

普段は監視員が昼寝をしている間、仲間の警備員とトランプをしています。

それにしても、今日出てくる5体のモンスターはいつもより大きく見えるな...

概要

各プレイヤーはガードを選択します。

各レベルから1体のモンスターがランダムに選択され、最初のモンスターが公開されます。

ラウンドごとに、すべてのプレイヤーがダイスを振り、各プレイヤーは順番にダイスを1つ選択し、カードの対応するアクションに従います。

モンスターの体力が0になると撃破し、次のモンスターと入れ替えます。

0でなければ、モンスターは行動の危険度が最も高いプレイヤーを攻撃します。

モンスターが突破するまでのラウンド数が制限されています。突破されても敗北ではありませんが経験値が得られません。

最後の(5体目の)モンスターを倒すことで勝利、突破されると敗北します。

コンテンツ

•ガードカード 54枚
プレイヤーの可能なアクションと属性を決定します。
各カードにはガードのクラス、レベル、レベルアップコスト(緑の↑)、体力(赤の♡)、防御力(青の🛡)、経験値報酬(緑の♢)が表示されています。
さらに、各カードには2つのアクションが示されています。それぞれのアクションにはスキル名、能力、必要なダイス、危険度(Peril:黄色の△)が含まれています。


•モンスターカード 20枚
•モンスタートラック 1組(体力(Health)ボード、攻撃(Attack)と突破(Breach)ボード、クリアトークン4つ)
モンスターカードはレベル別に編成されており、レベルが高いほど強いモンスターを表します。
各モンスターカードには、モンスターの名前、レベル、体力(♡)、攻撃力(⚔)、および固有能力が表示されています。


•危険度ボード 1枚
•小負傷トークン 30個、大負傷トークン 9個
•小経験トークン 22個、大経験トークン 5個
•プレイヤートークン 4個、光源トークン 1個
•ダイス 12個(赤,緑,青,黒の4色x3個)
•黄金の初手トークン(golden first turn token) 1個

セットアップ

•各プレイヤーはガードを1人選び、そのガードカード6枚すべてを受け取ります。これによりプレイヤーが自分のターンに実行できるアクションが決まり、ゲームプレイに大きく影響します。各ガードの説明はガード別セクションにあります。
•各プレイヤーはカードのレベルとダイスに従って6枚のガードカードを配置します。
レベル3(裏面はレベル4)の3枚のカードを表向きに置き、左からダイスの昇順に並べます。その上にレベル1(裏面はレベル2)のカードを同じように重ねます。
•各プレイヤーは同じ色のダイス3つ、プレイヤートークン、2経験値を受け取ります。
•いずれかの方法で選ばれたプレイヤーが、黄金の初手トークンを受け取ります。
•各レベルのモンスターカード1枚をランダムに選択し、裏向きに置きます。公開されるまでどのモンスターが選ばれているかを知る必要はありません。レベル5のモンスターカードが一番下、レベル1のモンスターカードが一番上になるように重ねます。
•危険度ボード、モンスタートラック、モンスターカード、トークンを手の届くところに置きます。
•レベル1のモンスターカードを表向きにして、モンスタートラックの体力、攻撃力、突破カウントを反映します。

遊び方

プレイはラウンドに分かれており、すべてのプレイヤーが1ターン行動した後にモンスターが行動します。

各ラウンドの開始時に、すべてのプレイヤーはダイスを3個振ります。

初手トークンを持っているプレイヤーから順に、各プレイヤーが自分のターンを行います。


■ダイスを振る

各プレイヤーは自分のダイスの中から1個を選び、アクションの指示に従い、選んだダイスをアクションの危険度に従って危険度ボードに置きます。

また、選んだダイスとは別に6を1個選択できます。もしそうしたならば、好きな順で両方のダイスに従いますが、危険度は通常選択したものに従います。

トリプル(=3個のダイスがすべて同じゾロ目)の場合、任意の2アクション(同一可)を選択できます。危険度は2つのアクションから選んだ方です。

1ラウンドに1回、少なくとも1枚のレベル4ガードカードを持っている各プレイヤーは、経験値を1つ消費して、ダイスの1つを振り直すことができます。


■アクション

プレイヤーの行動やモンスターの能力の多くは、誰かがダメージを受けることを指します。

モンスターがダメージを受けると、体力を減少します。

プレイヤーがダメージを受けると、そのダメージから防御力を引いた値に等しい負傷トークンを受け取ります。防御力はプレイヤーが受けるダメージの量を減らし、0にすることさえあり得ます。

プレイヤーの体力は、戦闘中にどれだけ負傷トークンを持つことができるかを示します。

ラウンドの開始時にプレイヤーが自分の体力以上の負傷を負っている場合、そのラウンドの間は無力化します。無力化されたプレイヤーはダイスを振りません。その代わり、彼らは自分の手番で3のダイス目アクション(主に回復)に従わなければならず、危険度ボードにダイスを置くことはありません。

一部のアクションとイベントはプレイヤーに経験値を与え、プレイヤーの属性とアクションをレベルアップまたは改善するために使用できます。

プレイヤーはいつでも自分のガードカードの1枚にレベルアップコストに等しい経験値を支払うことができます。そのカードを入れ替えて、1レベル高いカードを公開します。


■モンスターのターン

すべてのプレイヤーが自分のターンを終えると、モンスターのターンが始まります。

・モンスターの体力を0にまで減らしていた場合

撃破成功です。そのモンスターカードは場から取り除かれ、各プレイヤーは経験値報酬を受け取ります。

セットアップ中に選択したモンスターから次レベルのモンスターが公開され、モンスタートラックを更新します。新しいモンスターの突破ボードは4(最終モンスターは5)から始まります。

最後に、黄金の初手トークンを次の人に回します。

・モンスターの体力が残っている場合

モンスターが攻撃してきます。モンスターの攻撃力、各プレイヤーの防御力、および各プレイヤーの危険度によって確定するダメージを受けます。

1人のプレイヤーが単独で他のプレイヤーよりも危険度が高い場合、そのプレイヤーはモンスターの攻撃力(-プレイヤーの防御力)に等しいダメージを受けます。

複数のプレイヤーが最大危険度を共有している場合、モンスターの攻撃力をそのプレイヤー数で割ります(端数切り捨て)。その後で各プレイヤーの防御力を差し引き、残った数値をダメージとして受けます。

モンスターは攻撃した後、プレイヤーを通り抜けようとして、突破ボードのトークンを1減らします。

突破トークンが0になると、プレイヤーが経験値報酬を受け取らないことを除いて、モンスターを撃破したかのように置き換えます。

次レベルのモンスターが公開され、モンスタートラックが更新され、黄金の初手トークンを次の人に回します。

ゲーム終了

最終(レベル5)モンスターの体力を0にまで減らすことで勝利します。

最終モンスターの突破ボードが0になると敗北です。

ヴァリアント

・2人プレイ:それぞれ2枚のガードを使用します。特に各プレイヤーの2番目のガードはランサーやメディックのような単純なガードを推奨します。

・3人プレイ:共有する4枚目のガードを使用します。オートマトン(Automaton Guard=自動人形)はこの配置に最適です。

・調整された難易度:すべてのプレイヤーは、より多くの経験値を受け取ってリラックスしたプレイを行うか、より少ない経験値(時には0も!)で試練に立ち向かうか選択できます。

・クイックプレイ(未実装):3枚または4枚のモンスターのみを選択します。最終モンスターを撃破することが目的なのは変わりません。

・マルチクラス(未実装):各プレイヤーは2枚から3枚のガードを選択し、それら複数のカードをを使用します。例えば、ランサーからダイス目1~2のカード、メディックからダイス目3~4のカード、ハンターからダイス目5~6のカードを選択できます。

ガード

プレイヤーが選択できる様々なガード達は、様々な場面で優れており、互いに助け合います。それらの様々なアクションと属性はプレイヤーが貢献する方法に影響を与えるため、以下の説明はプレイヤーが自分のプレイスタイルに最適なガードを選択するのに役立ちます。

これらのガードはすべて強力ですが、複雑さを増すことで編成されています。新規プレイヤーはリストの前半にあるガードを推奨しますが、経験豊富なプレイヤーは後半のより複雑なガードに感謝するかもしれません。

共通スキルとして、ダイス目の
『1:モンスターにダメージを与える。』
『3:自身を回復する。』
『5:経験値を得る。』
を持ちます(例外もあります)。
固有スキルは各クラスごとに記載します。


初心者向け

■オートマトン(自動人形) 機械式オートマトンはどんな犠牲を払っても味方を守ります。このガードは他のガードに比べて大幅に簡素化されているため、若いプレイヤーや簡単に意思決定をしたいプレイヤーに向いています。また、プレイヤーが4人未満のゲームでも上手に機能します。ただし、オートマトンは"追加の6を加える"と"トリプルで好きな2アクションを行う"というルールを適用しません。
『2:モンスターにダメージを与える。』
『4:自身を回復する。』
『6:経験値を得る。』

■ランサー:勇猛果敢なランサーはどんな戦闘にも飛び込み、また、日々の訓練も欠かせません。モンスターに安定して高いダメージを与えられ、味方の能力を向上させる事も可能です。
『2:モンスターに大ダメージを与える。』
『4:自身と他のプレイヤーが経験値を得る。』
『6:モンスターにダメージを与える。』

■ハンター:野生味溢れるハンターは、あらゆる獣に打ち勝って鎮圧します。モンスターを怒らせて前進を遅らせ、スネアと毒で弱体化します。
『2:モンスターにダメージを与え、このラウンド限り攻撃力を減少する。』
『4:モンスターの突破カウントを増加し、攻撃力を永続的に増加(または減少)する。』
『6:モンスターはこのラウンド限り攻撃力を減少する。』


中級者向け

■メディック:戦いの混乱の中で負傷した者を助けるのがメディックです。味方の治療を行いますが、モンスターを永久に弱体化させる能力も侮ってはいけません。
『2:モンスターにダメージを与え、攻撃力を永続的に減少する。』
『4:他プレイヤー全員を回復する。』
『6:他プレイヤーを回復する。』

■先生:賢明な先生は、悟りを開くことで強さを手に入れます。積み重ねた経験からモンスターの戦略を紐解き、それを味方に伝えることで経験値を与えます。また、幻術を駆使してモンスターを翻弄します。
『2:モンスターにダメージを与え、経験値を得る。』
『4:攻撃対象となるプレイヤーの幻影を作り、ダメージを分散する。』
『6:任意のプレイヤーが経験値を得る。』


熟練者向け

■ブラッドメイジ:自然律に逆らうブラッドメイジは、全生物の生命の本質を操ります。強靭な体力を用いて味方から負傷を吸収し、モンスターに排出して自分を治癒します。
『2:モンスターにダメージを与え、自身を回復する。』
『4:他プレイヤーの負傷トークンを受け取り、その数に応じて経験値を得る。』
『6:他プレイヤーの負傷トークンを受け取る。』

■デスストライダー:生と死の狭間で苦悩するデスストライダーは、痛みを大きな力に変えます。傷を蓄積するにつれて攻撃面にも防御面にも強くなりますが、自身を追い詰め過ぎないようにしてください。
『2:自身の負傷トークンと同じダメージを与える(上限あり)。』
『4:自身の負傷トークンと同じ防御力を得る(上限あり)。』
『6:任意の数まで負傷トークンを受け取り、同じ数だけダメージを与える。』

■コマンダー:屈強な司令官は力強い鬨の声と耐久性のある鎧で衛兵を率いています。最大の効果を得るために味方との位置を慎重に検討してから、自分のターン中にも味方に行動するように指揮を執ってください。
『2:4:6:全員の行動終了後に任意の危険度を決定し、』
『2:それと同じ危険度のプレイヤーの人数に応じてダメージを与える。』
『4:それと同じ危険度のプレイヤーはこのラウンド限り防御力を得る。』
『6:他プレイヤーは6のアクションを行う。』

■スターゲイザー:神秘的なスターゲイザーは、宇宙の光を用いて攻撃や回復を行います。灼熱のソーラーライトと安穏のルナライトを切り替えて、どんな困難も乗り越えます。スターゲイザーは、現在使用している光源によって行動が変化します。ライトトークンを使用して、現在の光源(ソーラーから開始)を表示します。
『2:(太陽)モンスターにダメージを与え、自身もダメージを受ける。(月)モンスターの攻撃力を永続的に減少する。』
『4:(太陽)任意のプレイヤーが経験値を得て、ダメージを受ける。(月)任意のプレイヤーを回復する。』
『6:(太陽)モンスターにダメージを与え、月へと変更する。(月)任意のプレイヤーにこのラウンド限りの防御力を与え、太陽へと変更する。』

モンスター

■1:ハングリーウーズ(Hungry Ooze):このゼラチン状の塊は、触れたもののほとんどを吸収し、分単位で着実に大きくなります。
『成長形質』このモンスターがダメージを受ける度、攻撃力が1上昇する。

■1:目覚めた樹(Awakened Tree):穏やかな従兄弟よりも動き回りますが、根は地面をゆっくりと引き摺っています。
『にぶい根』このモンスターの突破カウントは通常より1多い。

■1:スケルトン(Skeleton):これらの骨は時の荒廃を免れていません。多数の骨折がそれらの表面に並んでいます。
『もろい骨』このモンスターはターン開始直前に、危険度3以上のキャラクター1体につき1ダメージを受ける。

■1:ミミック(Mimic):この古典的で卑劣なシェイプシフターは、その姿を確認する前に噛まれています!
『奇襲』このモンスターの登場時、それぞれのキャラクターは2ダメージを受ける。

■2:不死鳥の雛(Tiny Phoenix):幼いながらも、この神話上の鳳凰は既に傷を瞬時に治しています。
『再誕』このモンスターが攻撃した後、モンスターの体力は最初の数値に戻る。

■2:キノコボマー(Myconid Burster):顔面の器官は壊れやすい胞子嚢を生成し、新しい宿主に感染するために容易に使用します。
『爆裂胞子』1ラウンドに1回、モンスターがダメージを受けたときにダメージを与えたキャラクターは2負傷する。

■2:フィッシャーマン(Fisherman):この水陸両用のハンターは雨季ごとに内陸を歩き回り、致命的な槍で新鮮な獲物を捕まえます。
『鋭いモリ』このモンスターは、最も高い危険度より1つ少ない危険度を持つキャラクターに対して追加攻撃を行う(いる場合)。

■2:薬師(Apothecary):この怪しげなディーラーの商品から発生する有毒な蒸気は、誰もがめまいと混乱を引き起こします。
『有毒ガス』6の目のダイスは6以外の目が出るまで振り直される。

■3:呪われた鏡(Cursed Mirror):表面にある成長している亀裂は、内部に保持されているものがすぐに現れることを示唆しています。
『反射』このモンスターがダメージを受ける度、その分攻撃力が上昇する。モンスターの攻撃後、モンスターの攻撃力は半分になる(切り捨て)。

■3:ゴーレム(Golem):緻密な岩石と宝石で構成されたこの生きている大地は、ほとんどの武器攻撃に耐性があります。
『石の体』防御力1を持つ。

■3:ゴルゴン(Gorgon):この悪魔の蛇髪は興奮するとすぐに抜け落ち、小さな牙の軍隊を形成します。
『無数の蛇』このモンスターが攻撃した後、攻撃力が2上昇する。

■3:嵐の妖精(Storm Sprite):体内に電気を宿し、脅威にさらされると強力な稲妻を放ちます。
『疾風迅雷』このモンスターの攻撃は防御力を無視する。

■4:ヒュドラ(Hydra):衛兵が何人並んでいても、この獣はそれぞれに対して鋭く噛みつくことができます。
『多過ぎる頭』このモンスターの攻撃は一番高い危険度に複数のキャラクターがいても分割されない。

■4:氷の魔女(Ice Sorceress):この魔女が存在する極寒は、血を凍らせて治癒を困難にします。
『凍てつく裂傷』体力を回復するとき、取り除く負傷トークンが半分になる(切り上げ)。

■4:リッチ(Lich):不死であると噂されており、あらゆる生き物から生命力を吸い取り、周囲の環境からも吸い取ります。
『ライフスティール』このモンスターの攻撃時、プレイヤーに与えたダメージの分だけ体力が増える。

■4:ゴブリンアサシン(Goblin Assassin):この小さな恐怖は、目に見えるカバーの後ろに素早く忍び込み、背中を向けた時にのみ出現します。
『不意討ち』このモンスターは危険度が最も低い(0を除く)プレイヤーを攻撃する。

■5:鉄を食らう者(Ferrovore):強い酸性の唾液はほとんどの金属を消化するため、よく磨かれた鉄が好物です。
『金属消化』このモンスターの攻撃時、全てのパーティメンバーの現在の防御力をモンスターの攻撃力に加えて攻撃する。

■5:知性を貪る者(Intellect Devourer):この悪魔は図書館やアカデミーの地下深くに住み、地上の精神エネルギーを食べています。
『精神搾取』このモンスターの登場時、全てのキャラクターの経験値の半分(切り捨て)を攻撃力に加える。

■5:クラーケン(Kraken):その多くの押し潰す触手は、船員達の間で恐ろしい評判を得ています。
『無限の触手』このモンスターの攻撃は、キャラクター全員に危険度の2倍ダメージを与える(分割不可)。

■5:デスナイト(Death Knight):この恐るべき戦士の鎧の隅々から恐怖と死のオーラが放たれています。
『邪悪な鎧』このモンスターが4ダメージ以上を受けるときは、4ダメージに置き換えられる。