This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpjustone

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームの目的

ジャスト・ワンは協力型の連想ゲームです。
プレイヤーの1人が解答役となり、それ以外のプレイヤーが書いたヒントから"連想されるワード"(ヒミツの言葉)を答えます。

誰もがすぐに思いつきそうなヒントは禁物です。なぜなら「複数人で被ってしまったヒントは除去されてしまう」からです。
※BGAでは、同一スペルの単語の除去と判定役のプレイヤーによるチェックが行われます

ゲームの流れ

単語カードから13枚をランダムに選び、山札を作成します。

1)ヒミツの言葉を選ぶ

回答役のプレイヤーは山札からカードを見ずに1枚引き、ヒント役のプレイヤーに見えるように置きます。
単語カードには5つの単語が書かれており、その中から回答役が1~5の好きな番号を言うことで"ヒミツの言葉"が選ばれます。
※BGAでは、単にランダムで単語が1つ選ばれます

2)ヒントの提出

ヒント役のプレイヤーは相談せずに、お題を連想できるヒントを入力します。(全員が決定するまでは書き直しが可能です)
ヒントは以下のルールに従う必要があります。

・ヒントは1つの単語であること
・数字、数列、頭文字、オノマトペ(擬音語)、特殊文字による単語はOKです(例:007, SMS, meow, $ など)

また、以下のようなヒントを出してはいけません。

・お題と同じ意味で言い換えた単語や、表記ゆれの単語
・お題の別の外国語による表現(イギリス英語/アメリカ英語も含む)
・お題の性別を反転させた表現(例:Princess→Prince)
・一般的でない造語
・お題の単語と発音的には似ているが、意味の異なる単語。(例:Whether→Weather)

"ヒミツの言葉"は英語/フランス語となっていますが、ヒントを日本語で出す場合は以下のようなルールになります。

・お題を同じ意味で言い換えたもの(水⇒H20、みず、ウォーター)
・お題に含まれる語/漢字の使用(魔法⇒魔女、魔法使い)
・お題の性別を反転させたもの(王子⇒王女)
・同音異義語(神⇒紙)

3)ヒントのチェック

全員がヒントを出し終えたら、回答役が確認する前にヒントのチェックを行います。
ヒント役の1人が判定役となり、同じヒント上記ルールに反したヒントに対するチェックを行います。

・完全にスペルが一致したヒントは自動的に取り除かれます
・判定役は「大文字小文字や複数形、表記ゆれ」などで重複したとみなされるヒントや、ルールを破ったヒントを取り除きます
・上記ルールに基づき、「同じ内容の言い換えや性別の反転」が行われた単語同士も重複したヒントとして扱います

4)回答

回答役は除外されなかったヒントを確認し、回答するかスキップするかを決めます。(回答は1度しか行えません)

・回答を行い、スペルが完全に一致した場合:1点を獲得します。
・回答を行い、スペルが完全に一致していない場合:判定役が正解しているか判断します。

 正解の場合:1点を獲得します。
 不正解の場合:点数を獲得できません。さらに山札のカードを1枚捨てます。(山札のカードが無い場合は持ち点から-1点)

・スキップを行った場合:点数を獲得できませんが、山札のカードを捨てることもありません。

回答またはスキップした後、ヒントを全プレイヤーに公開し、次のプレイヤーに手番を代わります。

ゲーム終了

山札がなくなったらゲーム終了です。
個人の正答数/誤答数によらず、チームの得点によってゲームの評価が行われます。

3,4人プレイの場合

・ヒント役のプレイヤーは、1人につき2つずつヒントを出します。