This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpfrenchtarot

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーム概要

フランス式のカードを使用した、ポイントトリックのトリックテイキングゲームです。
強いビッドをしたプレイヤーがディクレアラーとなり、それ以外のプレイヤーはディフェンダーとなります。
ディクレアラーが獲得したカードの合計点数によって、勝利点のやり取りが行われます。
5人プレイの場合は、ナポレオンのような2vs3のチーム戦となります。

使用されるカード

大アルカナカード:1~21の数字+★のついたエクスキューズカード(計22枚)
プレイングカード:1~10の数字、V(バレ)、C(カバリエ)、D(ダム)、R(ルワ)が4スート分(計56枚)

大アルカナカードは切り札であり、強さは数字と同じです。(エクスキューズカードは特殊なため後述)
大アルカナ21、大アルカナ1、エクスキューズの3枚を指して「ウドレ」と呼びます。
プレイングカードはの強さは「R > D > C > V > 数字(10~1)」となります。

カードの点数

カードにはそれぞれ次のように点数が設定されており、トリックを取ったプレイヤーは獲得したカードによる点数を得ます。
※勝利点とカードの点数が混同しやすいので、以後点数は「ポイント」と表記します

種類 ポイント
ウドレ(切札21、切札1、エクスキューズ) 4.5点
R(ルワ) 4.5点
D(ダム) 3.5点
C(カバリエ) 2.5点
V(バレ) 1.5点
上記以外のカード 0.5点


ゲームの流れ

1ゲームはテーブル作成時に設定したハンド(ラウンドに相当)数行います。

各プレイヤーには18枚のカードがランダムに配られ、残った6枚のカードが裏向きに場に置かれます。
この裏向きに置かれたカードのことを「シエン」と呼びます。

各プレーヤーはビッドを行い、最も強いビッドをしたプレイヤーがディクレアラーとなります。
一度パスしたプレイヤーはそのハンドではビッド出来ません。

全員でトリックテイキングを行います。
ディクレアラーは「獲得したカードの合計ポイントを目標点数以上とする」ことが目的となり、ディフェンダーチームがそれを阻止します。
目標点数は、ディクレアラーがハンド中に獲得したウドレの枚数によって変動します。

取ったウドレの枚数 目標点数
0枚 56点
1枚 51点
2枚 41点
3枚 36点


ハンド終了時に、獲得したカードによるポイント計算が行われます。
ディクレアラーのプレイヤーが目標点数以上のポイントを取っていたなら、勝利点を得ます。そして、ディフェンダーチームのプレイヤーの勝利点が失われます。
ディクレアラーのプレイヤーが目標点数以上のポイントを取れていなかった場合は、その逆になります。

ポイント計算終了後、新たなハンドが開始されます。
規定数のハンドが終了し、最後のポイント計算が行われたらゲーム終了です。
ゲーム終了時に、最も勝利点が多いプレイヤーが勝者となります。

ビッドの種類

下にあるほど強いビッドとなります。勝利点倍率はポイント計算の際に使用されます。
プリーズ

 勝利点倍率: 等倍
 シエンのカードが公開された後、ディクレアラーはシエンのカードを自身の手札に加えます。
 その後、加えた枚数と同じだけのカードを手札から捨てます。捨てたカードは、このハンド終了後にディクレアラーが獲得したカードとして扱われます。

ガルド

 勝利点倍率: 2倍
 シエンのカードと捨て札の扱いについては、「プリーズ」と全く同じです。勝利点倍率のみが異なります。

ガルド・サン

 勝利点倍率: 4倍
 シエンのカードは公開されません。また、手札の交換も行われません。
 シエンのカードは、このハンド終了時にディクレアラーが獲得したカードとして扱われます。

ガルド・コントレ

 勝利点倍率: 6倍
 シエンのカードは公開されません。また、手札の交換も行われません。
 シエンのカードは、このハンド終了時にディフェンダーチームが獲得したカードとして扱われます。

基本的なルール

大きなルールについて記載します。
シエンのカード交換

プリーズ、もしくはガルドのビッドによってディクレアラーとなった場合、ディクレアラーはシエンのカードとの交換を行います。
交換する際に、「ルワ(R)とウドレ(切札21、切札1、エクスキューズ)」は捨てることができません。

スラム

 このハンドのトリックですべて勝つことを「スラム」といいます。
 ディクレアラーはビッド/シエンのカード交換後に、スラムの宣言が可能です。
 スラムを成功させると勝利点にボーナスを得ます。(宣言して成功:400点、宣言せずにスラム成功:200点、宣言して失敗:-200点)

ポワニ

 ハンドの第1手番時、手札に大アルカナが10枚以上ある場合、規定の枚数を公開して「(シングル/ダブル/トリプル)ポワニ」を宣言できます。
 ポワニが宣言された場合、そのハンドの勝利側が勝利点を得ます。

トリックテイキングについて

 トリックテイキングは「マストフォロー、マストラフ」で行われます。
 マストフォロー:
 リードされたスートがあるならば、出さなければなりません。
 マストラフ:
 リードされたスートがなく、切り札(大アルカナ)がある場合は、切り札を出さなければなりません。
 また、リードされたスートを持っておらず、誰かが既に切り札を出している場合には、場に出ている最強の切札より強い切札を出します。

エクスキューズカード

 エクスキューズは、上記のプレイルールをすべて無視して、いつでもプレイすることができます。
 エクスキューズをプレイしたプレイヤーはそのトリックには勝つことができませんが、エクスキューズのカード分のポイントはそのプレイヤーが獲得します。
 例外1:最終トリックにおいては、エクスキューズカードはトリックの勝者が獲得します。
 例外2:今までのトリックで全勝していた場合、最終トリックでエクスキューズを出すとトリックを勝ち、カードのポイントも得られます。

プチ・オ・ブ

 最終トリックで「プチ(大アルカナの1)」を使って勝った場合、勝ったプレイヤー側のポイントが10点加算されます
 逆に最終トリックで「プチ(大アルカナの1)」を使って負けた場合、負けたプレイヤー側のポイントが10点減算されます