This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpcubirds

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

鳥カードを集め、完成させた"群れ"を自分のコレクションに加えるカードゲームです。
場に置かれたカードを同じ種類の鳥カードで挟むと、その間にあるカードが獲得できます。
手札から同じ種類のカード(群れ)を捨てると、その内の1~2枚がコレクションに加わります。
手番終了時に以下の条件を満たしていると、そのプレイヤーの勝利となります。

・7種類の鳥カードを1枚ずつコレクションしている(全8種類)
・2種類の鳥カードを3枚ずつコレクションしている

ゲームの流れ

各プレイヤーに鳥カードを8枚ずつ配り手札とします。
場に鳥カードを表向きで縦4×横3に配置します。
最後に各プレイヤーはランダムな鳥カードを1枚ずつ受け取り、コレクション置き場に置きます。

手番では以下のアクションを順番に行います。

1.カードの配置
手札から1種類の鳥カードを選び、場にある4列の左端か右端のどちらかに置きます。
その際、同種すべてのカードを置かなくてはなりません。

置いたカードと同種類のカードの間に挟まれた鳥カードは、すべて取って手札に加えます。
その列に鳥が1種類しかいなくなった場合、2種類以上になるまでカードが出された側に山札からカードを置きます。
同種類のカードで他の鳥を挟まずにカードを置く事ができた場合、山札から2枚引くことが出来ます。(あえてパスすることも可能です)

2.群れの公開
手札に同一種類の鳥の群れがある場合、その群れを公開できます。(1回の手番で1種類のみ)
カードの右上には例えば「3/4」のように記入されており、左が「小さい群れ」の数、右が「大きい群れ」の数を表します。
この場合、カードが3枚揃っていれば小さい群れが、4枚以上揃っていれば大きい群れが出来ます。
小さい群れを作った場合は1枚、大きい群れを作った場合は2枚をコレクションに加え、残りのカードは捨て札とします。
すなわち、大きな群れに到達するのを待ってから公開することで、より多くの鳥をコレクションすることができます。

3.勝利判定/リスタート判定
手番終了時に勝利条件の判定を行います。
手番プレイヤーが手札0枚でターンを終えた場合、全プレイヤーは手札をすべて捨て、新しい手札を8枚ずつ受け取ります。
その後、手番プレイヤーが再度手番を得ます。

ゲーム中に山札がなくなった場合、捨て札をリシャッフルして山札にします。

鳥カード

鳥の種類 小さな群れ 大きな群れ カード総数
フラミンゴ 2 3 7
フクロウ 3 4 10
オオハシ 3 4 10
カモ 4 6 13
オウム 4 6 13
カササギ 5 7 17
ヨシキリ 6 9 20
コマドリ 6 9 20

全110枚