This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpcapereurope

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

イントロ

ヨーロッパのボスの座を手に入れるのは難しい。
完璧な強盗を成功させるために、適切なクルーと最新のギアでライバルを出し抜こう。

ゲームの概要と目的

ケイパーは2人用のゲームで、3つのロケーションで6ラウンド行われます。
ラウンド中にシーフカードかギアカードをプレイし、その後残りの手札を全て相手に渡す。
ゲーム終了時に最も多くの点数を獲得した黒幕が勝利する。


ラウンド構成

各ラウンドは、ラウンドトラッカーの通りに進行する。ラウンドトラッカーの横のアイコンは以下を示しています。
1.どの山札からカードを配るか、(シーフかギア)
2.最初の手札の枚数
3.どちらがスタートプレイヤーか

カードを1枚ずつドラフト。(手札を1枚出したら残りは相手に渡す。)
最後の1枚は(2枚のうち1枚を出したらその残りの方)捨て札にする。
シーフラウンドと、ギアラウンドを交互に行い、最後のギアラウンド(Finと書いてある)が終了したら、ゲーム終了

シーフラウンド

選んだロケーションの自陣側へシーフを配置
即時スキルを起動(アイコンで表示)
ケーパートラッカーを動かしたり、カードコンボしたり、盗品を獲得できたりする。
コインも獲得できる。そのコインはギアラウンドで使用できる。

実際の流れ
1.自陣の空いている場所枠にシーフを1枚配置
2.「シーフ」に書かれている(左上の黒丸)枚数のコインを獲得
3.発生したアイコンを解決する(後述)

各ロケーションに自分のシーフは3人まで置ける。
こちらが先に3人置いても、相手が置けなくなるわけではない。
同じロケーションのスロットであればどの場所に置いても変わらない。

すべてのシーフカードはクリーム色で、この色を示すアイコンセットと対になっている。

ギアラウンド

ギアカードを取りシーフにセットする。(1シーフにつきMAX3枚)
コインを払うと強力なギアを装備できる。

実際の流れ
1.ギアカードを1枚選び、そのコストを支払ってプレイします。
2.そのギアをシーフの上に置きます(シーフ1枚につき最大3枚まで)。
3.そのカードで発生したアイコンを解決します(後述)。
4.シーフやロケーションの効果も発動できるものがないか確認します。

もしくは、手札からギアカードを1枚捨て、コインを1枚獲得します。

要素の説明

クルー

シーフとギアはロケーション単位(クルー)で行動するので、ギアの効果は置かれたシーフに限定されない。

4つのギアカラーと1つの都市固有のカラーがあります。
カードの色とそれに対応するアイコンを組み合わせて、クルーの効果を最大限に引き出そう。

それぞれの効果の対象
紫 - ケーパートラッカー
緑 - 盗品
赤 - 相手のプレイしたカードを捨てる
黄 - コイン
都市の色 - ゲーム中1色使用。特殊
任意のGearの色(オールマイティー的なアイコン) - 都市固有のギアも含まれる

アイコン効果

即時効果(アイコン1つにつき)
目のアイコン-ケーパートラッカーを自分の方へ1スペース移動させます
コイン(丸の中に王様)-コイン1枚獲得
火-カード1枚を燃やす - 相手側の一番上の歯車カード1枚を捨て札にし、そのアイコンの効果を反転させる。(コイン1枚のギアを燃やしたら相手がコイン1枚失う。)
盗品(盗品タイルと同じ)-盗品の取得-このロケーションからアイコンと一致する盗品を取り、自分の隠れ家に置きます。?のアイコンはどの盗品でも選んでいい。

ゲーム終了時 上が長い台形に☆-ポイント-ゲーム終了時に書いてあるポイントを取得

セットボーナス

即時系
出した瞬間に条件を満たした分、その後条件を満たしたカードを出す度に効果が発動
終了時ポイント
ゲーム終了時の満たしたもののポイント

カードの色ではなく、盗品の種類を参照するものもある。

ロケーション

ゲーム終了時に、
トラッカーが真ん中ならどちらも0点
引き寄せられれば基本点+追加点(条件を満たした分の点)
近づければ近づけるほどボーナスポイント
動かせない場合は動かす効果が失われる。

ゲーム中ロケーション効果がある場合もある。

コイン

コインは10枚しかないので、銀行になければ相手からもらう。ただし、相手よりコインが少ないかときしかもらえない。

カードを焼くとき

セット効果までは巻き戻さない。その他の処理は以下の通り。

トラッカー その分戻す。
コイン 使ってしまって1枚も持ってない場合は効果がない。足りない場合はあるだけ捨てる。
盗品 そのアイコンの盗品を戻す。?なら一つ選んで戻す。もし、描かれているアイコンを持っていなければ、「盗品」を返す必要はない。(他で[?]で戻した場合か??)

バーンカード(焼くやつ)を焼いても意味はなく、ポイントは即時での効果はない。

上にカードを置いたり、燃焼保護アイコンを持つカードで守ることもできる

得点計算

ロケーション点(基礎、追加(条件)、ボーナス(より引き付けていたら))
シーフ(点数アイコンの達成点)
ギア(点数アイコンの達成点)
盗品(できるだけ組み合わせを作ってから、3種セットで9点、2種セットで5点、1種だと1枚2点で計算する。)
もちろん同じ盗品を複数セットで使えない。

タイブレークはコイン、次に盗品の数。それも同じなら引き分け。


各都市の特徴

(アイコン見た方が早いのでルールを見た方が良いかとは思いますが一応概要だけ)

パリ

盗品の数で追加ポイント

バルセロナ

ゲーム終了時に、自分のクルーの一番上のギアの色が目の色と一致すると、ボーナスが発生するアイコンと、
そのロケーションのお互いのその色のカードの合計数を参照するアイコンが登場

ローマ

このシティでは、ロケーションを獲得するためのポイントを増やすことができ、各スポットが激戦区となります。
相手のクルーを参照、自分の捨て札を参照、このロケーションで勝つと、などがある。

ロンドン

コインの移動が多くなり、銀行から失われてもいく。(ないときは相手からもらうときのルールを参照のこと。)
Hのアイコン サプライから自分の隠れ家(捨て場)へ 同じアイコンで隠れ家のコインを参照
アイコンが打ち消さされたら隠れ家からサプライへコインを移動