This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelparcticscavengers

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

目的

ゲーム終了時に最も大きな部族(人数)を持っているプレイヤーが勝者となる。

セットアップ

各プレイヤーの手札は以下の通りです。

難民カード4枚
廃品回収業者カード3枚
喧嘩屋カード1枚
槍カード1枚
シャベルカード 1枚

ゲームの進め方

アークティック・スカベンジャーズは1ラウンドに3つのフェイズがあり、以下の順番でプレイします。

ドローイングフェイズ

1)前のラウンドのカードをすべて捨て札します。
2)各プレイヤーは自分の山札の上から5枚引きます。山札がなくなったら捨山をシャッフルし山札にします。
3)第3ラウンドから、スタートプレイヤーは争奪資源の山の一番上のカードをのぞき見して、その山に戻す。

資源収集フェイズ

4)スタートプレイヤーから任意の枚数のカードを使って資源を集めます。
5)スタートプレイヤーは小競り合いのために自分のカードが何枚残るかを発表します。
6)時計回りの順番で他のプレイヤーもプレイを続け、手順4と5を実行します。

小競り合いフェイズ(第3ラウンド以降)

7) すべてのプレイヤーが資源収集アクションを行った後、プレイヤーは小競り合い用の残りのカードを公開し、勝者を決定します。
8)小競り合いの勝者は、争奪資源の山から一番上のカードを取り、自分の捨山に加える。
9)スタートプレイヤーはスタートプレイヤーカードを左手の対戦相手に渡し、新しいラウンドを開始します。
このゲームは、争奪資源の山が枯渇するまで続けられます。


資源収集
このフェイズでは、各プレイヤーは手札から好きな枚数のカードをプレイして、自分のデッキに資源(カード)を追加します。
資源収集は、スタートプレイヤーカードを持っているプレイヤーから開始し、時計回りの順番でプレイを続けます。
資源収集フェイズにプレイヤーが取ることのできるアクションの数に制限はありませんが、どのアクションも1回までしか取ることができません。

発掘

プレイヤーは廃品置き場の山の上からカードを1枚以上引きます。
このとき、プレイヤーは1枚を選んで自分の捨山に置き、それ以外のカードは廃品置き場の山の一番下に戻します。
引く枚数は、プレイヤーの手札から出されたカードに表示されている「発掘」の数字の合計で決まります。
他のアクションと同様、発掘は1ラウンドに1回しか使用できません。

ドロー

山札からカードを1枚以上引き、手札に加えます。
複数のカードを組み合わせて、複数のカードを引くこともできます。
他のアクションと同様に、ドローは1ラウンドに1回しか使用できません。

傭兵

傭兵能力は、プレイヤーが表向きカードの山から傭兵カードを1枚取るフリーアクションです(このアクションを付与するためのカードは必要ありません)。
プレイヤーは、カードに表示されているコストを支払う必要があります。
通貨は「食料」と「薬品」の2種類です。
食料は、後述する狩猟アクションでリアルタイムに作成されます。
薬は、薬カードという形で提供され、傭兵の雇用を完了するためには、プレイヤーの手札からプレイする必要があります。
薬カードは、消費するための関連人物を必要としません。
各プレイヤーは1ラウンドに1人のみ傭兵を雇うことができ、そのプレイヤーはすぐにそのカードを捨山に加えます。

狩り

狩りの能力は、そのラウンド中に食糧を生成し、それを通貨として傭兵カード1枚を雇うことができます。
食料の生産量は、プレイヤーの手札からプレイしたすべての狩猟能力の合計で決定されます。
プレイヤーは、傭兵に道具を持たせて、狩りの能力を向上させることができます。

廃棄

廃棄能力はフリーアクションで(このアクションを付与するためのカードは必要ありません)、プレイヤーは手札から好きな枚数のカードを取り出して廃品置き場の山に追加することができます。
そのプレイヤーは、これらのカードと交換するためにデッキからカードを引くことはありません。
廃品置き場の山は、新しいカードが追加されるたびにシャッフルされます。

特殊行動

カードによっては、標準アクションの代わりに、あるいは標準アクションを強化するために、特別なアクションを付与することがあります。
例えば、サボタージュ(他のプレイヤーの道具を解除する)、スナイパーチーム(他のプレイヤーの部族を狙撃する)などがあります。

道具の使用

各プレイヤーは2つの道具(槍とシャベル)を持ってスタートします。
道具は、廃品置き場を掘ることで追加で手に入れることができます。
道具は単独で行動することはできません(あくまで無生物のため)。
部族の一員は、その部族が行う行動の能力を強化する道具を1つだけ使用することができます。
道具を使っても、部族が本来持いないる能力を発揮することはできない。

小競り合い
ゲームは、資源収集(廃品置き場での発掘、食料の狩猟、傭兵の雇用)を2ラウンド行うことから始まります。
最初の2ラウンドでは、小競り合いは行いません。
これにより、各プレイヤーは資源をめぐる小競り合いに先立って、しっかりとした基礎を身につけることができます。
スタートプレイヤーカードは1~3ラウンドの間、最初のプレイヤーの手元に残ります。
その後、各ラウンドの開始時にスタートプレイヤーカードは左のプレイヤーに移動する。

すべてのプレイヤーが資源収集アクションを完了したら、小競り合いフェイズ を開始します。
全プレイヤーは同時に小競り合いのために温存しているカードを公開します。
すべてのプレイヤーのカードの戦闘力の合計が、そのプレイヤーの攻撃の強さを表します。
道具の使用に関するすべてのルールは、小競り合いフェイズに武器として使用される道具にも適用される(上記の「道具の使用」を参照)。
小競り合いはスタートプレイヤーから開始され、そのユニット(サボタージュ や狙撃兵を含む)がおこなったアクションを宣言することによって解決される。
その後、時計回りの順番で次のプレイヤーにプレイを引き継ぎ、そのユニットのアクションを宣言させる(前のプレイヤーによって狙撃兵や武装解除されていないことが条件である)。
これはすべての小競り合いアクションが解決されるまで続く。
その後、残っている戦闘力の合計を算出し、最も高い戦闘力を有す るプレイヤーが勝利する。
勝利したプレイヤーは、争奪資源の山札から一番上のカードを引き、 他のプレイヤーに公開することなく、自分の捨山に加える。
資源収集フェイズにカードがプレイされた場合、そのカードは使用後、 捨山に置かれます。
小競り合いフェイズには、特殊能力(サボタージュや狙撃チームなど) が発動していても、すべてのカードはラウンド終了まで残ります。

引き分けの解決

引き分けの場合、各プレイヤーは小競り合いに参加した人数(戦闘スコアに直接貢献しない難民や部族の家族も含む)を合計し、参加人数が多いプレイヤーがその小競り合いに勝利する。
それも同点の場合、その小競り合いはデッドロックとみなされる。
この場合、プレイヤーは争奪資源山から一番上のカードを見ずに廃品置き場山へ置きます。
プレイヤーは廃品置き場をシャッフルし、そのラウンドを終了します。
スタートプレイヤーカードを持ったプレイヤーはそれを左に渡して新しいラウンドを開始します。


2人用バリエーション

廃品置き場から各種カードを2枚ずつ取り除きます(例:ジャンク2枚、メドキット2枚、つるはし2枚など)。
ピーキングで争奪した資源をすべて消す。
プレイヤーが小競り合いに持ち込む部族の人数は関係なくなります。
小競り合いは2以上の差をつけなければならない。そうでない場合は引き分けとし、プレイヤーは争奪資源を廃品置き場の上に置き、廃品置き場をシャッフルする。


HQエクスパンション

モジュール#1 - メディック、ツール、ギャング

メディック傭兵8枚(ドロー、メディック1枚(薬など)で雇う、スナイパー攻撃を阻止することができる)
廃品置き場カード8枚
4 ライフル (狩猟と戦闘で+2)
4 ツールキット
2 ギャング - ゲーム終了時に関連するプレイヤーに渡ります。5人分の価値がある。
ギアヘッズ - 道具のアイコンを持つカードが最も多いプレイヤーに渡ります。
同点は、資源を争う道具の数が多いことで決まります。
The Pharmers - メディックの合計値が最も高いプレイヤーに渡ります。
同点は、衛生兵の数が多いことで決まります。


モジュール 2 - エンジニアとビルディング

8人のエンジニア傭兵
12の建物(バンカー、武器庫、薬局、水耕栽培園を各3つずつ)。
ギャング1名 - ゲーム終了時に該当するプレイヤーに渡されます。5人分の価値があります。
メイソンズ - 完成した建物と有効化された建物の数が最も多いいプレイヤーに渡ります。
同点は、最も多くのエンジニアによって決まります。
エンジニアは工学設計図の山(上記と同じく12枚の建築物カード)を掘ることができる。
建物の建設は次のような流れで行われます。

エンジニアカードを 1 枚プレイする
エンジニアの掘削力(修正値も含む)を使って、掘削力と同じ枚数のカードを設計図の山から引きます。
最大で1枚のカードを選んで建造し、他のカードを設計図の山の一番下に戻します。
新しい建造物カードを自分のプレイエリアに表向きに配置します。
プレイヤーのデッキから建築時間と同じ枚数のカードを引き、新しい建築物の上に裏向きで配置します。
技術者カードを捨てます。
プレイヤーの次のラウンドの開始時に、建設中の各建築物からカードを1枚ずつ取り除く
建物を配置した次のラウンドから、手札から部族(と道具)を追加でプレイして、建物の建設を加速することができます。
プレイした部族はそれぞれ、建設中の建物からカードを1枚取り除くことができます。
道具箱がある場合は、さらに2枚のカードを取り除くことができます。
建設に携わった部族は、そのラウンドに他の行動を取ることができず、すぐに捨て札となります。
建物の上に積まれているカードが0枚になると、その建物は完成し、直ちに効果を発揮します。


モジュール#3 - 部族指導者

10人の部族長
各プレイヤーは、ゲーム開始時に2人の指導者のうち1人を選びます。各リーダーには固有のパワーが付与されます。

モジュール#4 - Dirty Deeds
新しい破壊工作員能力 破壊工作員は、完成した建物を攻撃し、使用不能にすることができます(建物のカードを裏返すと、建物が使用不能になったことが示されます)。
建築物が使用不能になると、その建築物の能力は使用できなくなり、カードの追加や削除もできなくなります。
建物を修理するには、プレイヤーの手札から部族員カードを出して作業し、すぐに捨てなければなりません。

新しい狙撃手能力 狙撃チームは、部族長を攻撃して負傷させることができます(部族長のカードを裏返して、部族長が負傷していることを示します)。
この場合、その部族長のアドバンテージは、その部族長を回復させるためにメダルを投入するまで失われます。


Recon 拡張

モジュール 1 - スパイハンター

廃品置き場に双眼鏡を4個追加
傭兵に8人のスパイを追加
Reconアクション - カードを覗き見して必要な情報を得ることができるようになります。

偵察のルール:偵察アクションの結果、カードを見ることができるのは自分だけです。
この情報は他のプレイヤーに教えてはいけません。
カードは元の順番で戻されます。
偵察行動は、キャンセルや狙撃によって中断される可能性があります。

モジュール2嘘つきと盗人

アサシン、プロボケーター、ローグ、ガード傭兵(マーケットで他の傭兵6人を選択し、合計10人になる)
アサシン スナイパーチームと同様に、資源収集や小競り合いの際に相手の部族メンバーを狙撃する能力を持つ傭兵です。
スナイパーチームとは異なり、アサシンは単体の部族メンバー(1人の部族メンバーのみを表すカード)しか攻撃できないように制限されています。

provocateur Special - 威嚇による特殊な戦闘手段を付与します。
小競り合い解決フェイズの自分のターン中、小競り合いに連れてきた部族メンバーの数を自分の戦闘スコアとする意思表示をすることができる。
戦力(戦闘員でなくとも連れてきた部族メンバー)の合計サイズを数えますが、道具などの戦闘修正は無視し、戦力サイズを増加させるリーダー能力や建築能力などは含めます。
この兵力の合計をあなたの戦闘スコアとします。
挑発者が狙撃された場合、戦闘スコアはその時点のスコアに戻される。
ギャングスターのリーダー能力は、挑発者の能力にはカウントされません。
後のターンオーダーのプレイヤーは、前のターンオーダーの挑発者を狙撃することができます。

rogue 特別な小競り合い勝利条件を付与する。
小競り合いが最高得点のタイで終了した場合、その小競り合いに参加しているローグを持つターンオーダーの最初のプレイヤーが自動的に争奪資源に勝利する。
戦闘スコアが同点の場合のみ、部族の人数ではなく、戦闘スコアが同点の場合のみ、部族の人数が考慮されます。
ローグの能力は、小競り合いに連れてきた部族の人数よりも優先される。
ローグを使用するプレイヤーが引き分けに関与している必要はない。
戦闘スコアが同じプレイヤー同士であれば、その小競り合いに参加しているどのプレイヤーにも「ならず者」の勝利条件が発生する可能性がある。
このとき、小競り合いに参加している部族の人数は関係ない。
ローグがCRを盗む能力は受動的なものです。
CRを盗むために、ローグの戦闘を放棄する必要はありません。
ローグはスナイプアクションの対象とすることができます。
1ラウンドに1回だけローグのアクションを成功させることができる(ターン順に解決される)。
複数のプレイヤーがこのアクションを成功させることはできない。
ターンオーダーの低いプレイヤーは、ターンオーダーの高いローグをスナイプすることができます。

ガード 喧嘩屋に似た安価なファイターです。
小競り合い以外で自分のカードを対象としたアクションをキャンセルするために使用することができます。
例えば、資源を集めている間のスパイ、狙撃、武装解除、自分の建物に対する攻撃などです。
もし衛兵をキャンセル能力で使用した場合、その衛兵を捨て、デッキの上から新しいカードを1枚引きます。


モジュール3 隊列の拡大

クーリエ、ドリル軍曹、スクラッパー、ティンカー(他に6人の傭兵を選択し、合計10人の傭兵が市場に出回るようになる)


モジュール4 - ランダムに争奪される資源
14の争奪資源(貨物ソリ、戦闘衛生兵、解体チーム、催涙ガス、部族ハンター)
新しい争奪資源は、基本ゲームの争奪資源14枚とシャッフルされ、このゲームのために14枚が抽選されます。

モジュール 5 - キッチンシンク

ヒューマニタリアンギャング
マップ
リーダー2名(スウィンドラー、ヤードマスター)