This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpschroedingerscats

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

設定

猫は好奇心旺盛な生き物ですが、猫物理学者はその倍です。宇宙の秘密を発見したいという彼らの欲求は、キャットニップの影響を受けた彼らの倫理観を覆します。エルヴィン・シュレーディンガーが留守の間、猫物理学者たちは...彼の研究室で...同僚たちと遊びます。

シュレーディンガーの猫では、プレイヤーは実験を行い、仮説を立て、お互いの研究成果を競い合います。 アルバート・フェリネシュタイン、サリー・プリライド、ニール・ドグラース・タビーなどの猫物理学者の力を借りながら、シュレーディンガーの研究室にいる「生きている猫」「死んでいる猫」「空っぽの箱」の合計数を決定するという科学的挑戦に挑み、自分の仮説を証明したり、少なくとも他人の仮説を否定したりします。

カード

生きている猫: 20枚

死んでいる猫: 20枚

空の箱: 8枚

ハイゼンベルグ(ワイルド): 4枚

ゲームの流れ

まず、各プレイヤーに物理学者カードを1枚ずつ配り、1枚の物理学者カードを捨て山に置きます。これはゲーム中に1回だけ使用できます。その後、実験(ラウンド)を繰り返し、実験ごとにプレイヤーが脱落していきます。最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

ターンですること

1.と2.はどちらかを必ず行います。3.と4.は任意です。

1. 自分の手札を確認した上で、全員の手札の中に生きている猫、死んでいる猫、空の箱が何個あるか予想して、仮説(ビッド)を立てます。仮説は最後の科学者(プレイヤー)のものよりも価値が高い必要があります。つまりクリップボードに表示されている現在の仮説よりも右か下の仮説を宣言しなければなりません。現在の仮説は丸で示されています。

2. 前の科学者の仮説が真実である可能性が低いと思う場合、前の科学者の仮説に疑問を投げかけます。実験結果を数え(全員の手札の合計)、仮説が正しいか確かめます。結果が宣言した数字よりも大きかった場合、仮説は正しく、挑戦した科学者は脱落します。結果が宣言した数字よりも小さかった場合、仮説は間違っており、仮説を提唱した科学者は脱落します。脱落しなかった方がスタートプレイヤーとなって次の実験に進みます。

3. 現在の仮説と同じ種類のカードを手札から出して、自分の発見の一部を示すことができます。その後、手札に残っているカードを表向きに置いた枚数まで捨てて、同じ枚数を引き直せます。

4. 猫物理学者を公開できます。その場合、その能力を発動し、その後カードを捨てます。

猫物理学者

名前 能力
アルバート・フェリネシュタイン 研究カードを捨て、同じ枚数だけデッキから引く
セシリア・ペインス この実験では生きている猫の発見は+2匹
ピュリー夫人 全ての生きている猫の発見を捨てる
マリア・ゲッパート=ミャウアー この実験では空の箱の発見は+1
ミトンズ・ファラデー 全ての死んでいる猫の発見を捨てる
ニール・ドグラース・タビー 表向きの猫物理学者の能力を使う
サリー・プライド このターン、捨札を見ることができる
アイザック・ミャオトン卿 研究デッキから追加でカードを2枚引く
スティーヴン・ポーキング このターン、あなたの仮説をスキップする
ウィスカーズ・ファインキャット この実験ではハイゼンベルグを発見数に入れない