This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpnoirkvi

提供:Board Game Arena
移動: 案内, 検索

目次

概要

2人のプレイヤーが殺人鬼と捜査官となり、交互にアクションを行いながらそれぞれの勝利条件を目指すゲームです。

ゲームには、容疑者カード25枚、そして同じ人物の描かれている証拠カード25枚があります。

※補足 このゲームでは、容疑者カード、証拠カードと呼ばれていますが、容疑者カードは「表面:生存/裏面:死亡」、証拠カードは「表面:人物名/裏面:なし」の"人物カード"と解釈した方が理解しやすいかもしれません。


準備

場札として25枚の容疑者カードを5列5行で並べ、証拠カード25枚を山札として伏せます。

殺人鬼は山札から1枚引きます。これが殺人鬼の正体となります。この人物が逮捕されると殺人鬼は敗北します。

捜査官は山札から4枚引き、手札とします。

ゲーム開始

1巡目

殺人鬼

殺害」アクション(後述)を行います。

捜査官

手札から一枚選びます。これが捜査官の正体となります。この人物が殺害されると捜査官は敗北します。それ以外のカードは手札として残します。


2巡目以降

2巡目以降、各プレイヤーはそれぞれ以下のアクションのいずれかを行います。

殺人鬼

  • 殺害
周囲8人のうちの誰かを殺害します。
無罪の人(innocent)を殺したとき、周りに捜査官がいる場合は<!>、いない場合は<?>が表示されます。
  • 変装
山札からカードを引き、その人に変装します。つまり、殺人鬼の正体が入れ替わります。但しその人が既に死んでいた場合は失敗します。
  • 移動
カードの列/行をひとつずらします。直前に行われた移動を打ち消す動きはできません。


捜査官

  • 捜査
山札からカードを引き、手札と合わせた中から1枚選びます。選ばれた人物は無罪(innocent)となります。
また、その選ばれた人物の周囲8人の中に殺人鬼がいる場合は<!>、いない場合は<?>が表示されます。
(市民逮捕ヴァリアント)手札から捨てたカードに隣接する容疑者を逮捕することができます。
  • 逮捕
自分の周囲8人の誰か、もしくは自分を逮捕します。逮捕しようとした人物が殺人鬼でない場合は特に何も起こりません。
  • 移動
カードの列/行をひとつずらします。直前に行われた移動を打ち消す動きはできません。

補足

カード列/行をひとつずらした際、ある列/行の人物全てが殺されている場合があります。この時、その列/行の人物カードは場から取り除かれます。
(5列5行25枚だった場札が、たとえば、4列5行20枚になったりします)

勝利条件

殺人鬼

捜査官を殺すか、16人殺したら勝利します。

捜査官

殺人鬼を逮捕したら勝利します。

ヒント

どちらにしても、自分が誰かばれるとかなり不利です。殺人鬼はすぐに変装するのをおすすめしますが、周りに捜査官がいないとわかっているときはその限りではありません。

捜査官は変装できないので、無駄な逮捕はしないようにしましょう。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス