This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpjekyllvshide

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

2人のプレイヤーがジキル博士とハイド氏に分かれて争う非対称のトリックテイキングゲーム。ハイドは2人の取ったトリック数の差が大きくなることを目指し、ジキルは差が小さくなることを目指す。ラウンドごとにスートの強さの順序が決定され、それに従ってトリックの勝敗が決まる。秘薬という特殊カードがあり、相手が出したカードとの組み合わせによって特殊な効果を発揮する。

カード

大罪カード21枚

紫(傲慢)、赤(憤怒)、緑(強欲)の3スートの1~7

秘薬カード4枚

2+,3+,4+,5+

ゲームの流れ

3ラウンド制。1ラウンドでは10トリックのトリックテイキングを行い、2人の取ったトリック数の差分だけ、自我トラックに沿ってマーカーを進める。自我トラックを10スペース進めるとハイドの勝利となる。3ラウンドの間にハイドが勝利条件を満たさなければ、ジキルの勝利となる。

ラウンドの流れ

準備

カードを10枚ずつ配る。
手札から現在のラウンド数に等しい枚数のカードを選んで相手と交換する。
手札に2枚以上の秘薬がある場合、最低1枚は秘薬を交換に出さなければならない。

トリック

スタートプレイヤーは、自我トラックの進行状況によって異なる。マーカーの移動が5スペース以下の場合、ジキルが最初にスタートする。それ以外の場合は、ハイドが最初にスタートする。
スタートプレイヤーは任意のカードでリードする。
スタートプレイヤーが色カードを出した場合、相手は同じ色のカードか秘薬カードを出さなければならない。同じ色のカードを持っていない場合は、他のカードを出してもかまわない。
スタートプレイヤーが秘薬カードを出した場合、色を指定する。対戦相手は、たとえ秘薬を持っていても、可能な限り指定された色のカードを出さなければならない。指定された色のカードを持っていない場合は、どのカードを出してもかまわない。

トリックの勝敗

2枚のカードが同じ色の場合、数字の大きい方が勝つ。
2枚のカードの色が違う場合は、色の強い方が勝つ。色の強さはボードの上に表示される。ラウンド中、最初にプレイされた色が自動的に一番弱い色になる。2色目がプレイされると、その色が真ん中の色になり、残りの色が一番強い色になる。
誰かが秘薬を出した場合は、秘薬の効果が解決された後、数字の大きい方が勝つ。
秘薬の+は0.5の価値がある。(秘薬3+は赤3には勝つが、赤4には負ける。)

秘薬

秘薬の効果は、相手プレイヤーが出したカードに応じて変化する。
紫: トリックの勝者が相手から1トリックを盗む。
緑: プレイヤーは2枚のカードを交換する。
赤: 色の序列をリセットする。
秘薬: お互いに中和され、何も起こらない。