This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpepizodiak

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームは48個のタイルで構成されています(1~12各四枚)。 目標は、すべてのタイル(手を空にする)をプレイしてポイントを獲得することです。
手を空にしたプレイヤーは、ゲーム中に捨てたセット(同じ数字3枚)ごとに1ポイントを獲得します。
7ポイント(または13オプションポイント)に到達または超過した最初のプレーヤーがゲームに勝利します。

[注:シングルラウンドオプションでは、各プレーヤーは、ゲーム中に破棄したセットの数に相当するポイント数を獲得します。手を空にしたプレイヤーには、さらに3ポイントのボーナスが与えられます。最終的な分類はポイントに従って行われます。]


ゲームの流れ

各プレイヤーに12枚タイルが配られます。残りの12枚が共通の山札を形成します。
ドローパイルの最初のタイルが裏返され、ボードに置かれます。各プレイヤーは、常に同じ順序で順番にプレイします。
ダイヤルには、同じ値のタイルを1枚だけ含めることができます。これらは計画された場所に配置されます(関連する番号でマークされています)。

文字盤がいっぱいになると、タイルがシャッフルされ(残っている山札がある場合はそれとともに)、新しい山札が形成されます。
次に、ダイヤルの新しい回転が始まります。これは、前の回転と同じ方法で行われます(ただし、セットのセットはありません)。
プレイヤーが自分の手を空にすると、ポイントが獲得され、ラウンドの開始時に新しい取引が行われます。

アクション

1.山札がある場合

  • 時計回りまたは反時計回りに、すでに配置されているものと連続して1つまたは一連のタイルをダイヤルに配置する。
  • セットを破棄します(同じ値の残りのタイルは一意のタイルと呼ばれます)。
  • 山札からランダムなタイルをドローする。

配置も破棄もでき​​ないプレイヤーはタイルをドローします。

ドローした後、配置、破棄、またはパスすることができます。プレイヤーがこれらの可能性のどちらも持っていない場合、ターンは自動的に通過します。

ピックアップ(前のプレイヤーが置いたばかりの最後の牌を拾うこと)が可能です。ただし、その後に有効なアクションを行う必要があります(配置か破棄:ドロー・取ったタイルを配置することはできません)。

2.山札がなくなった時

配置、廃棄、またはピックアップの条件は同じままです。
ただし、プレイヤーはドローする代わりに、自分のターンをスキップすることを選択できます(プレイ可能なタイルまたはセットが手元にある場合でも)。
すぐにプレイできる単一のタイルでパスすることは不可能です。プレーヤーは有効やアクションをプレイする必要があります(1つまたは一連のタイルをダイヤルの片側または反対側に配置するか、セットを破棄します)。

2人のプレーヤーが連続して自分のターンを通過したとき、3番目のプレーヤーがすぐにプレイできるタイルのいずれかを持っていない場合、彼または彼女はその動きに異議を唱えることができます。
プレイヤーがダイヤル上の2つのプレイ可能な位置に対応するタイルを持っていない場合、プレイヤーは2つの値のどちらに挑戦するかを選択します。

プレイヤーが値に異議を唱えると、4つのタイルが他の2人のプレイヤーの手札から取り除かれます。セットはゲームから破棄され(1ポイントの価値があります)、ユニークなタイルがコンテストに参加したプレーヤーの所有になり、プレーヤーは(上記の通常の条件に従って)プレイする必要があります。

誰も挑戦するチャンスがない場合、プレイヤーは3回以上続けて自分のターンをスキップすることはできません。この場合、ターンが最初にパスしたプレイヤーに行くと、そのプレイヤーは自分の手札から(または必要に応じてストレートで)ユニークでないタイルを置くことを余儀なくされます。