This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpdudo

提供:Board Game Arena
移動: 案内, 検索

ペルドのルールには多くのバリエーションがあります。BGA では Asmodée バージョンのルールとなっています。 残念ながら Asmodée バージョンのルールを解説した英語のルールブックはネット上には BGA 以外にないようです。そのため、ゲームのページにある英語サイトのリンク先では別のバージョンのペルドの解説がされており、BGA では実装されていないルールが含まれていることに注意してください。 すぐ下に書かれているルールは BGA のバージョンに則っていますのでご安心ください。


ゲームの目的

他のプレイヤーをゲームから脱落させ、最後の一人になることが出来ればあなたの勝利です。

ラウンドの進行

全てのプレイヤーはサイコロを5つ持ってスタートします。

ただ普通のサイコロと違って、1の目の代わりに"Paco(ジョーカー)"があります。

全てのプレイヤーは持っている全てのサイコロを振ります。但し何の目が出たかを見ることが出来るのは、自分のサイコロのみです。

ラウンドの進行は、前ラウンドでサイコロを失った(もしくは得た)プレイヤーから始まり、時計回りにベットします。最初のプレイヤーは2~6の目のいずれかと、それがいくつ以上あるかを予想します。予想の最低数は人数と残ったダイスによります。次のプレイヤーはそれを見て、"予想の目を変えずに数を増やす"、"予想の数を変えずに目を増やす"、"Pacoの目で新しく予想する"、"Dudoを宣言する"のいずれかを行います。"Dudo"は「前の人の予想は外れている」という意味(≒ダウト)です。Pacoの目で予想し直す場合は直前の数の半分以上でないといけなく、また誰かがPacoの目で予想しなおすと、さらに予想の目を変える場合、Pacoの目の予想数の2倍より多い予想をしなければなりません。これらを誰かがDudoを宣言するまで繰り返します。

Dudoの判定

全員のダイスの目を公開し、最後に予想された目がいくつあるかを数えます。2~6の目の予想の場合、それにPacoの目の数も加えられます。

予想が間違っていた場合は最後に予想した人はサイコロを1つ失い、予想があっていた場合はDudoを宣言した人がサイコロを1つ失います。

そしてダイスが振り直され、サイコロを失ったプレイヤーから順に予想します。

ダイスがなくなった場合、その時点で脱落し、その次のプレイヤーから新しいラウンドが始まります。

Palifico

誰かがサイコロを失った結果残り1個になった場合、そのラウンドはPalificoラウンドとなります。

Palificoラウンドでは「Pacoの目はジョーカーとして働かない」「最初からPacoの目で予想できる」「2人目以降は最初の人と目を変えることはできない」という制限が付きます。

Calza!(ヴァリエントルール)

前の人の予想が「ちょうど」であると思ったとき、Calza!を宣言し、その場で全員のダイスを公開します。もし失敗すればサイコロを失うのは同じですが、成功すれば失ったサイコロを取り戻せます!

ちなみにCalza!はターンプレイヤー以外もその場で宣言することができます。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス