This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpdragoncastle

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームの目的

ゲーム終了時、VPが最も高いプレイヤーの勝利です。

用語説明

  • 龍城・・・タイルが表向きに積まれている、プレイヤー共通の場です。ゲーム開始時は3段に積まれています。
  • 領地・・・各プレイヤーにそれぞれ与えられた、取ったタイルや社を置くエリアです。
  • 縦横に隣接・・・高さが違う場合でも、上から見て隣接しているならば隣接とみなします。
  • 社・・・黒い屋根のようなものです。
  • 統合する・・・同色で4枚以上隣接するグループを作り、裏返すことです。

プレイ手順

  • 手番ではまず、龍城の最上段にあるタイルのうち、左右のどちらかが空いているタイルを選択します。
  • その後、次の3つの選択肢から選びます。

【ペアのタイルを取る】

  • 左か右が空いており、かつ上から見えている、1枚目に選んだタイルと色や柄が同じタイルを取ります。
    • この際は最上段である必要はありません。

【社を取る】

  • 社を1つ得て、自分の手元に置きます。まだ領地には置きません。

【1枚目のタイルを破棄し、1点を得る】

  • 1点を得ます。タイルは破棄されるので、後述する置くフェイズはありません。

そのあと、取ったタイルを領地に置きます。置ける場所は、何もない場所か、裏向きのタイルの上です。

もし置いた後に4つ以上の同じ色のタイルが縦横隣接(一直線でなくてよい)したら、それら全てを裏返し、枚数に応じた得点を得ます。これは強制です。

裏返したタイルが...4/5/6/7/8以上で得られる勝利点は2/3/5/6点

ただし、紫のタイルグループは追加で1点を生みます。

その後、今裏返したタイルの上に手元の社を置くことができます。置ける個数は、タイルグループの色によって異なります。

  • 赤、黄色、緑・・・1個まで
  • 黒、水色、紫・・・2個まで

社を置いた場合、1段目のタイルに置いたなら1点、2段目のタイルなら2点、3段目以上のタイルに置いたなら3点を得ます。

ただし社が置かれたタイルには、以降タイルや社を重ねることができません。

同時に複数のグループを裏返したなら、以上の処理をそれぞれのグループごとに行います。

龍城が最下段のみになった場合、1枚もタイルを取らずに【龍を召喚し、2点を得る】というアクションを行うことができます。

ゲーム終了と得点

【龍を召喚し、2点を得る】というアクションがプレイヤー人数分行われた時、そのラウンドが最終ラウンドです(最後の龍は『老龍』と呼ばれていますが、点数は同じく2点となります。)。スタートプレイヤーの右隣の人まで手番を回してからゲームが終了します。

  • 終了トリガーが引かれたあとも、【龍を召喚し、2点を得る】というアクションは行えます。

勝利点チップの点数と社による点数(これらの合計はゲーム中常に表示されています)に、場に示された龍のカードによる点数を加算した得点が最も高いプレイヤーの勝利となります。

  • 同点の場合、一番上にあるタイルが裏向きで、最も高い山の高さを比べ、より高いプレイヤーの勝利です。(おそらく社の有無は問わないと思いますが、要検証。)
    • それでも同点の場合、社の個数で勝敗を決めます。(手元の社を含むかは要検証。)
      • それでも同点なら引き分けです。

精霊について

精霊は、プレイヤーに特殊なアクションを与えます。ただし、コストとして手元の社1つか表向きのタイル1枚を支払う必要があります。