This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelparnak

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動

初期デッキと準備

各プレイヤーは共通の資金調達カード2枚・探検カード2枚・恐怖カード2枚の計6枚で初期デッキを形成する。
自分の色の考古学者コマを2つと、プレイ順に応じて以下のリソースを受け取る。
1番手:コイン2枚
2番手:コイン1枚・方位磁針1つ
3番手:コイン2枚・方位磁針1つ
4番手:コイン1枚・方位磁針2つ

4人プレイを想定してルールを説明していきます。3・2人プレイでは規定によりコマが事前に置かれ使えないスペースがいくつかあります。

手番ですること

手番で実行できるアクションは7通り。
自分の手番には、以下の7つのアクションから1つを選んで実行する。
また、フリーアクションをメインアクションの前後や実行中に何回でも行うことができる。
・場所を発掘する
・新たな場所を発見する
・守護者を撃退する
・カードを購入する
・カードをプレイする
・研究する
・パス

ゲームは全5ラウンド。
月の杖が現在のラウンドを表しており、ラウンドが進む毎にこれが移動する。月の杖の左側のスペースに遺物カードを配置し、右側のスペースにアイテムカードを配置する。

場所を発掘する

・手順
1.移動コストを払う
該当アイコンを払う。
靴アイコン・車アイコン・船アイコン・飛行機アイコンがあるので該当アイコンを手札などから払う。カードで払った場合プレイエリアに置く。
移動の序列:
車アイコン及び船アイコンは靴アイコンの代わりにすることができる。
飛行機アイコンは靴アイコン・車アイコン・船アイコンの代わりにすることができる。
フリーアクション】2コインを払い飛行機1つを生み出すことができる。
2.考古学者コマを移動する
自分の考古学者が2人とも場所に置かれている場合、このアクションは行えない。
3.効果の解決

新たな場所を発見する

・手順
1.草原への移動
Ⅰの場所なら方位磁針3つ、Ⅱの場所なら方位磁針6つを払いそこの未発見の場所に考古学者1人を移動する。
自分の考古学者が2人とも場所に置かれている場合、このアクションは行えない。
2.偶像の獲得
そこの偶像の効果を直ちに解決し獲得する。Ⅱは2つあるが両方獲得するが表側のものだけ効果を解決する。
3.場所の発見
ⅠかⅡに対応する場所タイルを引きそこに置きただちにその効果を解決する。
4.守護者の目覚め
守護者を一枚引き表向きにそこにずらして置く。

ラウンド開始時、守護者がいる場所から考古学者を引き上げる際、そのプレイヤーは恐怖カード1枚をプレイエリアに受け取る。恐怖カードはゲーく終了時マイナス1点になる。これは守護者の撃退で回避できる。
考古学者がいない新たな場所は、場所の発掘が行える。
まだ守護者のいる場所に考古学者を送って撃退することも可能。

・偶像の使用
獲得した偶像はすべて裏向きに置く。
各偶像は3点になる。
フリーアクション】としてプレイヤーボードに4枠ある偶像枠に置くことで以下のうち1つの効果を得る。
1コインを払い宝石1つを得る/矢じり1つを得る/石版2つを得る/1コインと方位磁針1つを得る/カード1枚を引く。
遺物は左側から順に置く。偶像枠に一度置いた遺物は移動できない。
ゲーム終了時に偶像枠に見えている偶像枠の点数が入るので、1つも偶像枠を使わなかった場合1/2/3/4の10点が入る。

※ゲームを通して自分のデッキにカードがない場合、カードを引くことはできない。

守護者を撃退する

・手順
このアクションは自分の考古学者がいる場所に守護者がいる場合にのみ行える。守護者がいても考古学者の発掘は妨害されない。
1.コストの支払い
その守護者のタイルの下側に示されたコストを払う。
2.守護者の除去
守護者を自分のプレイヤーボードの脇に表側で置く。

・守護者の恩恵を使う
守護者の右上の恩恵をゲーム中に1回使用できる。
使用した守護者は裏向きにする。
雷アイコンのあるものは【フリーアクション】として使用できる。
使用したかしていないかに関わらず、守護者はゲーム終了時5点になる。

カードを購入する

・アイテムカード購入の手順
1.アイテムカードを選択
2.コストの支払い
カード下のコインのコストを払う。
3.獲得
そのカードを自分のデッキの一番下に置く。
4.カード列の補充

・遺物カード購入の手順
1.遺物カードを選択
2.コストの支払い
カード下の方位磁針のコストを払う。
3.獲得
そのカードを自分のプレイエリアに置き、ただちに石版コストを払わずに効果を解決する。
4.カード列の補充

カードの補充はまず月の杖側にカードをずらし、端に新たな該当カードを引き置く。

カードをプレイする

・手順
1カードのプレイ
カードをプレイエリアに置く。
2.効果の解決
雷アイコンのあるものは【フリーアクション】として使用できる。
雷アイコンのないものはメインアクションとみなす。
遺物の効果はメインアクションとなる。遺物のプレイにはコストとして石版1つを払う。

※除外効果のあるものは自分の手札かプレイエリアからカード1枚をゲームから除外できる。

研究する

・手順
1.手帳か拡大帳どちらの研究トークンを1つ上に進めるか選択する
手帳を拡大鏡より上に進めることは不可。
2.移動先のスペースを選択する
移動先は現在のスペースから矢印で繋がっているスペース。
各スペースには研究トークンの入る上限はない。
3.コストの支払い
示されたコストを払い研究トークンを移動する。
移動コストはこの後の研究結果で得る前に払う必要がある。
4.研究結果を解決する
スペースに表向きのボーナスタイルがある場合、ただちに効果を解決しボーナスタイルを取り除く(つまりは早いもの勝ち)。
右側の欄に示された効果を解決する。これは手帳か拡大鏡かで異なる。

失われた寺院
拡大鏡トークンが一番上のスペースに到達したら、それを空いている失われた寺院スペースの空いている最も左の得点が高いスペースに置く。
その後失われた寺院にある裏向きのボーナスタイルから1枚獲得し、効果をただちに解決し捨てた後残ったボーナスタイルを裏側で戻す。
手帳トークンはこのスペースに移動することは不可。

失われた寺院の探索
失われた寺院に到達したプレイヤーは、その後の研究アクションを使って寺院タイルの任意のコストを払って寺院タイル1枚を獲得することができる。
一番上の寺院タイルは11点・ニ段目は6点・三段目は2点となる。
支払いコストは以下のようになる。
11点             [AとBとCのコスト]
6点           [AとBのコスト][BとCのコスト]
2点          [Aのコスト][Bのコスト][Cのコスト]
示されたコスト        A     B    C

助手の獲得
手帳トークンを銀の助手スペースまで移動させると助手を雇うことができる。
表になっている助手から1枚選び助手マスに表向きで縦向きで置く。
雷アイコンのある助手は【フリーアクション】で効果を解決する。
雷アイコンのない助手は、メインアクションをコスト軽減で行うもので、これはメインアクションとみなす。
使用したアクションは横向きにして、効果で縦向きにされない限りこのラウンド中は効果を発揮できない。ラウンド終了後に縦向きに戻すことができる。
手帳を金の助手スペースまで移動すると、助手の1人をレベルアップして裏側にすることができる。その時点で回復し、横向きの状態であっても縦向きにすることができる。

※靴アイコンを矢じり1つに変換する助手がある場合、考古学者の探索アクションで靴2のカードを払い、1つをメインアクションに効果実行中にこの助手を使い1つを助手効果に使うこともできる。

パス

ハードパスとなる。
パス前にフリーアクション可能。
パスをすることをコストとするカードもある。
全員がパスをすると次ラウンドの準備をして新たなラウンドが始まる。

次ラウンドの準備

・手順
1.考古学者を手元に戻す
守護者がいる場所から考古学者を引き上げる際、そのプレイヤーは恐怖カード1枚をプレイエリアに受け取る。
稀なケースですがゲームを通して恐怖カードを受け取る際残りの恐怖カードがない場合、代わりに恐怖タイル1枚を獲得する。これはゲーム終了時マイナス2点になる。
2.残った手札の処理
各カードをプレイエリアに置くか、次ラウンド用に手札に残すかを選択する。
3.デッキの作成
プレイエリアのすべてのカードをシャッフルして、自分のデッキの一番下に置く。
4.助手を回復する
横向きの助手を縦に戻す。
5.カード列の処理
月の杖の両側のカードを除外する。そして月の杖を1つ右に移動する。その後通常ルールに従い、カードをずらし新たに引いて置く。
6.スタートプレイヤーの移動
スタートプレイヤーマーカーを左側のプレイヤーに渡す。
7.手札補充
手札が5枚になるようにデッキから引く。所有カードが4枚以下の場合、単にすべてのカードを引く。

5ラウンド目の終了時には、守護者がいる場所から考古学者を引き上げでの恐怖カード1枚の受け取りのみ行う。

得点計算

・研究トークンの位置による得点
・寺院タイルの得点
・偶像枠にあるかないかに関わらず偶像1つに付き3点と、空いている偶像枠による得点
・恩恵を使用したかどうかに関わらず守護者1つに付き5点
・アイテム・遺物カードの右下に示された得点
・恐怖カード1枚に付きマイナス1点、恐怖タイル1枚に付きマイナス2点

合計ポイントが最も高いプレイヤーの勝利。
タイブレークは、該当プレイヤーの中で失われた寺院の到達が早いプレイヤーの勝利。

失われた寺院で決着が付かない場合、該当プレイヤーの中で研究トークンの位置による得点が最も高いプレイヤーの勝利。

蛇の寺院面

研究トラックの中に助手の救出スペースがある。
そこには準備段階でプレイヤー人数分の助手カードを裏向きで置く。つまりは1枚は公開状態になる。
そこに到達したら残っている助手カードから1枚を取り、通常と異なり横向きで置く。
残った助手カードは裏向きで戻す。

研究トークンを進める為に偶像をコストにするものがある。
これは偶像枠にすでに置いたものは払えない。