This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

「Gamehelpthecrew」の版間の差分

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動
1行目: 1行目:
 +
== 概要 ==
 
各色(スート)9枚(1~9)までのカラーカードと黒色1・2・3・4のカード(ロケットカード)を使った相談禁止の協力型トリックテイキングゲーム。<br>
 
各色(スート)9枚(1~9)までのカラーカードと黒色1・2・3・4のカード(ロケットカード)を使った相談禁止の協力型トリックテイキングゲーム。<br>
<br>
+
 
 +
'''BGAではチュートリアル的なキャンペーンからミッション10までは誰でも遊べるが、それ以降はプレミアム会員が必要'''<br>
 +
 
 +
== 基本ルール ==
 
リードプレイヤーがカード1枚を手札からプレイする。時計回りに他プレイヤーもカードを1枚プレイする。<br>
 
リードプレイヤーがカード1枚を手札からプレイする。時計回りに他プレイヤーもカードを1枚プレイする。<br>
 
リードプレイヤーが出したカードの色の中で最高値のカードを出したプレイヤーが勝利しプレイされたカードすべて(トリック)を取り次のリードプレイヤーとなる。<br>
 
リードプレイヤーが出したカードの色の中で最高値のカードを出したプレイヤーが勝利しプレイされたカードすべて(トリック)を取り次のリードプレイヤーとなる。<br>
6行目: 10行目:
 
持っていなかったら任意のカードを出す。<br>
 
持っていなかったら任意のカードを出す。<br>
 
黒色のカードが切り札で、切り札は他のカラーカードよりも常に強くトリックに勝つ。(例:ピンク9よりも黒1の方が強い)<br>
 
黒色のカードが切り札で、切り札は他のカラーカードよりも常に強くトリックに勝つ。(例:ピンク9よりも黒1の方が強い)<br>
<br>
+
 
 +
== ミッション ==
 
ミッションの条件を達成するとクリア。<br>
 
ミッションの条件を達成するとクリア。<br>
 
ミッションは、指定タスクを該当プレイヤーが取る、指定タスクをタスクの中で一番最後に取る、タスクAよりタスクBを先に取るというものから、指定プレイヤーはトリックを取らない、カラーカードの1でトリックを取るなど。<br>
 
ミッションは、指定タスクを該当プレイヤーが取る、指定タスクをタスクの中で一番最後に取る、タスクAよりタスクBを先に取るというものから、指定プレイヤーはトリックを取らない、カラーカードの1でトリックを取るなど。<br>
 
ロケットカードの4を持つプレイヤーが司令官となり最初のリードプレイヤーとなる。<br>
 
ロケットカードの4を持つプレイヤーが司令官となり最初のリードプレイヤーとなる。<br>
 
またミッションにタスクがある場合、基本的にリードプレイヤーから1枚ずつ選択する。<br>
 
またミッションにタスクがある場合、基本的にリードプレイヤーから1枚ずつ選択する。<br>
 +
 +
== 無線通信 ==
 
相談の代わりにミッション中1回だけ好きなタイミング(リードプレイヤーがカードをプレイする前)でカード1枚公開し、そこに通信トークンを置くことで情報公開ができる。<br>
 
相談の代わりにミッション中1回だけ好きなタイミング(リードプレイヤーがカードをプレイする前)でカード1枚公開し、そこに通信トークンを置くことで情報公開ができる。<br>
 
※BGAではトークンをクリックすることで実行できる。カードが場に出ているタイミングでクリックした場合、最後のプレイヤーが出し終えた後で実行できる。<br>
 
※BGAではトークンをクリックすることで実行できる。カードが場に出ているタイミングでクリックした場合、最後のプレイヤーが出し終えた後で実行できる。<br>
18行目: 25行目:
 
・(裏側の赤色にして)カードの中央に配置・・・裏側の赤色で配置する場合、カード公開はできるが上記の情報を伝えることはできなくなる<br>
 
・(裏側の赤色にして)カードの中央に配置・・・裏側の赤色で配置する場合、カード公開はできるが上記の情報を伝えることはできなくなる<br>
 
これはロケットカードには使用できない。<br>
 
これはロケットカードには使用できない。<br>
また最初のカードプレイと通信前に遭難信号トークンを使用することで、司令官はカラーカード1枚(ロケットカードは不可)を左右どちらかの隣のプレイヤーに渡すことが可能。他のプレイヤーも同様にカラーカード1枚を選び、司令官が選んだ方向と同じ方向のプレイヤーに1枚渡す。<br>
+
 
 +
== 救難信号 ==
 +
最初のカードプレイと通信前に遭難信号トークンを使用すると、全員が同意すればカラーカード1枚(ロケットカードは不可)を左右どちらかの隣のプレイヤーに渡すことが可能。<br>
 
<br>
 
<br>
'''BGAではチュートリアル的なキャンペーンからミッション10までは誰でも遊べるが、それ以降はプレミアム会員が必要'''<br>
 

2021年8月2日 (月) 08:03時点における版

概要

各色(スート)9枚(1~9)までのカラーカードと黒色1・2・3・4のカード(ロケットカード)を使った相談禁止の協力型トリックテイキングゲーム。

BGAではチュートリアル的なキャンペーンからミッション10までは誰でも遊べるが、それ以降はプレミアム会員が必要

基本ルール

リードプレイヤーがカード1枚を手札からプレイする。時計回りに他プレイヤーもカードを1枚プレイする。
リードプレイヤーが出したカードの色の中で最高値のカードを出したプレイヤーが勝利しプレイされたカードすべて(トリック)を取り次のリードプレイヤーとなる。
カードをプレイ時、リードプレイヤーが出したカードの色を持っていたら優先的に出さなければなりません(マストフォロー)。
持っていなかったら任意のカードを出す。
黒色のカードが切り札で、切り札は他のカラーカードよりも常に強くトリックに勝つ。(例:ピンク9よりも黒1の方が強い)

ミッション

ミッションの条件を達成するとクリア。
ミッションは、指定タスクを該当プレイヤーが取る、指定タスクをタスクの中で一番最後に取る、タスクAよりタスクBを先に取るというものから、指定プレイヤーはトリックを取らない、カラーカードの1でトリックを取るなど。
ロケットカードの4を持つプレイヤーが司令官となり最初のリードプレイヤーとなる。
またミッションにタスクがある場合、基本的にリードプレイヤーから1枚ずつ選択する。

無線通信

相談の代わりにミッション中1回だけ好きなタイミング(リードプレイヤーがカードをプレイする前)でカード1枚公開し、そこに通信トークンを置くことで情報公開ができる。
※BGAではトークンをクリックすることで実行できる。カードが場に出ているタイミングでクリックした場合、最後のプレイヤーが出し終えた後で実行できる。
・カードの上側に配置(BGAでは他プレイヤーが上側に配置したら、あなたから見ても上側)・・・このカードがこのスートの中で最大です
・カードの下側に配置(BGAでは他プレイヤーが下側に配置したら、あなたから見ても下側)・・・このカードがこのスートの中で最小です
・カードの中央に配置・・・このスートはこのカードしか持っていません
・(裏側の赤色にして)カードの中央に配置・・・裏側の赤色で配置する場合、カード公開はできるが上記の情報を伝えることはできなくなる
これはロケットカードには使用できない。

救難信号

最初のカードプレイと通信前に遭難信号トークンを使用すると、全員が同意すればカラーカード1枚(ロケットカードは不可)を左右どちらかの隣のプレイヤーに渡すことが可能。