This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpstella

提供: Board Game Arena
2022年2月10日 (木) 04:03時点におけるCorioli90 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ステラはディクシットの正統後継作です。

●準備
ステラには(従来のディクシットゲームで使用されるような)イラストが描かれたカードが84枚入っています。
ディクシットカードで山札を作成し、そこから15枚を3×5の形に並べます。
各ラウンドの開始時に単語カードが1枚ずつめくられ、その単語がお題となります。
ランダムにファーストプレイヤー(最初の導き手)が選ばれ、"導き手ポーン"が渡されます。

●各ラウンドの流れ
○チェック
各プレイヤーは、3×5のカードの中からめくられた「単語」に関連すると思われるカードを1~10個までピックアップします。
本来は個人ボードの3×5マスにチェックを行いますが、BGAでは、並べられたカードの左下にあるサークルをクリックしてチェックを行います。

○チェック数の発表
すべてのプレイヤーは、このラウンドでチェックしたマスの数を発表します。
単独で最も多くのマスをチェックしたプレイヤーは、トークンを裏返しこのラウンド中消灯状態になります。
複数のプレイヤーが最多だった場合は、誰も消灯状態になりません。

○答え合わせ
最初の導き手ポーンを持つプレイヤーから順に"導き手"となって、答え合わせを行います。
この役割は、全てのプレイヤーがカードを表示できなくなるまで時計回りに渡されます。
※"最初の導き手"ポーンは、ラウンドの終わりにのみ移動します。

導き手は、自身がチェックを付けたカードの中から1つを選び、宣言します。
このラウンドですでに選択されているカードを宣言することはできません。
他のプレイヤーは自分のボードを見て、そのカードを選択したかどうか確認します。

次の3つの状況が発生する可能性があります。
1.『スパーク(輝き星)』:導き手以外に複数のプレイヤーがチェックしていた場合、導き手を含めた該当プレイヤーは全員2点を獲得します。
2.『スーパースパーク(煌めき星)』:導き手以外にプレイヤーが1人だけチェックしていた場合、導き手を含めた該当プレイヤーは3点を獲得します。
3.『失敗』:導き手以外誰もチェックしていなかった場合、失敗となります。点数を獲得できません。
さらに失敗した場合のペナルティとして、
 ・このラウンドはそれ以降導き手になる権利を失います。
 ・他のプレイヤーの以降の手番で、『スパーク』/『スーパースパーク』になっても得点は得られません。
※以降の手番において、チェックした人数には失敗したプレイヤーもカウントされます

解決後、次のプレイヤーが新しい導き手になります。(プレイヤーリスト順)
すでに失敗したプレイヤーや、宣言できるカードが残っていないプレイヤーは、新しい導き手になることができません。
その場合、次のプレイヤーが新しい導き手になり、以下同様に続きます。
全員が失敗するか、残っている全員が宣言するカードがなくなったら、答え合わせは終了し得点計算になります。

○得点計算
このラウンドの得点合計が記録されます。
消灯状態のプレイヤーが失敗した場合、このラウンドで得られる点数はすべて通常より1点低くなります。(スパーク:2→1点、スーパースパーク:3→2点)
※スパーク/スーパースパークの個数分-1されます。0点のマスが-1点になることはありません
消灯状態であっても、失敗していない場合は通常通りに得点できます。

1・2・3ラウンド目の終わりにそれぞれ下段・中段・上段の5枚のカードを取り除き、新しく引いたカードを並べます。
ボードのチェックを消して、消灯状態のトークンを戻し、次のラウンドに移ります。

●ゲーム終了条件
これを4ラウンドプレイして、最も合計得点の多かったプレイヤーの勝ちです。
タイブレークはありません。