This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpdobble

提供: Board Game Arena
2021年12月31日 (金) 05:12時点におけるCorioli90 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

はじめに

55枚の円形のカードを使うゲーム。カードには異なる8つのマークが描かれている。
各カードにあるマークは、他のカードにあるマーク8つと1つだけ共通になっている。(複数のマークが共通することも、マークが1つも共通しないこともない)
このカードを用いて、以下の5種のミニゲームが遊べる。

ゲームモード:タワーリングインフェルノ

各プレイヤーに裏向きにカード1枚を配り、残りを表向きに山札として中央に置く。
各プレイヤーは一斉にカードを表向きにし、中央のカードのマークと自分のカードの共通マークをいち早く宣言する。
最初に宣言を成功(宣言マークが間違っていない)させたプレイヤーは中央の場からそのカードを獲得し、山札が尽きるまでこれを続ける。
最もカードを獲得したプレイヤーの勝利。

ゲームモード:井戸掘り

カード1枚を表向きに山札として中央に置き、残りのカードを均等な枚数になるように各プレイヤーに裏向きで配る。
各プレイヤーは一斉に山札を表向きにし、中央のカードのマークと自分のカードの共通マークをいち早く宣言する。
最初に宣言を成功(宣言マークが間違っていない)させたプレイヤーは中央の場に自分のカードをプレイし、誰かの山札が尽きるまでこれを続ける。
最初に山札がなくなったプレヤーの勝利。

ゲームモード:アツアツポテト

各プレイヤーに裏向きにカード1枚を配り、残り何ラウンド行うかを話し合って決めておく。
各プレイヤーは一斉にカードを表向きにし、他プレイヤーのカードのマークと自分のカードの共通マークをいち早く宣言する。
宣言を成功(宣言マークが間違っていない)させたプレイヤーは対象プレイヤーのカードに自分のカードを重ねて置く。
重ねられたプレイヤーは新たに置かれたカードで共通マークを見つけることになる。
重ねる場合は手元の全てのカードを重ねる。
誰か1人がカードを持っている状態までこれを続け、残ったプレイヤーはカードをすべて引き取り、規定ラウンドを行い最も持っているカードが少ないプレイヤーの勝利。

ゲームモード:毒された贈り物

各プレイヤーに裏向きにカード1枚を配り、残りを表向きに山札として中央に置く。
各プレイヤーは一斉にカードを表向きにし、中央のカードのマークと他プレイヤーカードの共通マークをいち早く宣言する。
最初に宣言を成功(宣言マークが間違っていない)させたプレイヤーは対象プレイヤーに中央からそのカードを押し付け、山札が尽きるまでこれを続ける。
最も持っているカードが少ないプレイヤーの勝利。

ゲームモード:スリーカード

全てのカードを裏向きに山札として中央に置く。
そこから9枚を表向きに公開する。
各プレイヤーはカード3枚の共通マークをいち早く宣言する。
最初に宣言を成功(宣言マークが間違っていない)させたプレイヤーは対象カードを全て獲得し新たに3枚公開する。
これを続け、並べるカードが8枚以下か共通マークがなくなるまでこれを続ける。
最も持っているカードが多いプレイヤーの勝利。