This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

「Gamehelpcodexnaturalis」の版間の差分

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動
(書式や文章の修正 BGAでの仕様について追記)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
1行目: 1行目:
 
==内容物==
 
==内容物==
 
===リソースカード40枚===
 
===リソースカード40枚===
青・緑・紫・赤の4色があります。カードの裏面からも色を確認できます。
+
リソースには「赤:キノコ、緑:植物、青:動物、紫:昆虫」の4色があり、カードの裏面からも色を確認できます。<br>
 +
オブジェクトには「羽ペン・インク・写本」の3種があり、色の区別はありません。<br>
  
表面には、4つの角のうちいくつかにスペースがあります。スペースには、空白のスペース、リソースが表示されているスペース、オブジェクトが表示されているスペースがあります。一部のリソースカードには勝利点が表示されています。
+
表面は4つの角のうちいくつかにスペースがあり、「空白・リソース・オブジェクト」のいずれかがが描かれています。<br>
 
+
一部のリソースカードの上部には勝利点が表示されています。<br>
裏面には4つの角に空白のスペースがあり、中央にカードの色に対応するリソースアイコンがあります。
+
裏面は4つの角全てが空白のスペースになっており、中央にカードの色に対応した1個分のリソースアイコンがあります。<br>
  
 
===ゴールドカード40枚===
 
===ゴールドカード40枚===
リソースカードと異なる点として、表面に勝利点およびカードを出すために必要なリソースが表示されています。またゴールドカードのスペースにはリソースは表示されておらず、オブジェクトが表示されているか、何も表示されていません。
+
リソースカードと異なる点として、表面に勝利点と「'''カードを出すために必要なリソース'''」が表示されています。<br>
 +
ゴールドカードのスペースは「空白かオブジェクト」となっており、リソースが描かれたカードは存在しません。<br>
 +
裏面についてはリソースカードと同じです。<br>
  
 
===スタートカード6枚===
 
===スタートカード6枚===
ゲーム開始時に自分の場に置かれるカードです。各プレイヤー1枚ずつ持ちます。
+
ゲーム開始時に自分の場に置かれるカードです。各プレイヤー1枚ずつ持ちます。<br>
 
+
4つの角にリソースが表示されている表面か、中央に2つのリソースが表示されている裏面のどちらかを選択します。<br>
4つの角にリソースが表示されている表面か、中央にリソースが表示されている裏面かを選択できます。
 
  
 
===目標カード16枚===
 
===目標カード16枚===
ゲーム終了時に得点をもたらす条件が表示されているカードです。
+
ゲーム終了時に得点をもたらす条件が表示されているカードです。<br>
  
 
==セットアップ==
 
==セットアップ==
1. リソースカード、ゴールドカードを別々にシャッフルし山札を作ります。それぞれから2枚ずつ表にしてサプライを形成します。<br/>
+
1. リソースカード、ゴールドカードを別々にシャッフルし山札を作ります。それぞれから''2枚ずつ''を表にしてサプライを形成します。<br/>
 
2. 各プレイヤーにスタートカードをランダムに1枚ずつ配ります。プレイヤーは表か裏のどちらを使うか選択します。<br/>
 
2. 各プレイヤーにスタートカードをランダムに1枚ずつ配ります。プレイヤーは表か裏のどちらを使うか選択します。<br/>
 
3. 各プレイヤーはリソースカード2枚、ゴールドカード1枚を山札から引いて手札にします。<br/>
 
3. 各プレイヤーはリソースカード2枚、ゴールドカード1枚を山札から引いて手札にします。<br/>
4. 目標カードをシャッフルし、2枚表にします。これはこのゲームでの共通目標となります。<br/>
+
4. 目標カードをシャッフルし、2枚表にします。これはこのゲームでの'''共通目標'''となります。<br/>
5. 各プレイヤーに目標カードを2枚ずつ配ります。プレイヤーはこのうち1枚を選んで1枚を捨てます。これは個別目標となります。<br/>
+
5. 各プレイヤーに目標カードを2枚ずつ配り、その内の1枚を選びます。選んだ方が'''個別目標'''となり、もう片方は捨てられます。<br/>
 
6. ランダムにスタートプレイヤーを決定してゲームを開始します。
 
6. ランダムにスタートプレイヤーを決定してゲームを開始します。
  
 
==ゲームプレイ==
 
==ゲームプレイ==
スタートプレイヤーから時計回りにターンを繰り返します。ターンでは、
+
スタートプレイヤーから時計回りにターンを繰り返します。ターンでは、<br>
 
+
1. カードのプレイ<br>
1. カードのプレイ<br/>
+
2. 手札の補充<br>
2. 手札の補充
+
を順番に行います。<br>
  
を順番に行います。
+
※BGAではプレイヤーリストの鍵穴マークを押すことで、相手プレイヤーのボード状況を表示することが出来ます<br>
  
 
===カードのプレイ===
 
===カードのプレイ===
以下の規則に従って、手札からカードを1枚、自分の場にプレイします。
+
以下の規則に従って、手札からカードを1枚、自分の場にプレイします。<br>
  
・カードは常に同じ方向に場に出します。回転させることはできません。<br/>
+
・カードを場に出すとき、回転させることはできません。<br/>
・カードを表向きにプレイするか裏向きにプレイするかを選択できます。<br/>
+
・カードを場に出すとき、表面を使うか裏面を使うかを選択できます。<br/>
・カードを出す場合、既に場に出されているカードの角のスペースを、出すカードの角によって隠すように配置します。<br/>
+
・カードを場に出すとき、場に出されているカードのスペースを'''出すカードの角'''で隠すように配置します。(スペースが無い角に重ねることはできません)<br/>
・同じカードの複数のスペースを同時に隠すような配置はできません。<br/>
+
・同じカードの複数のスペースを同時に隠す(上下や真横)ような配置はできません。<br/>
・異なるカードのスペースを同時に隠すことは可能です。<br/>
+
・異なるカードであれば、複数のスペースを同時に隠すことが可能です。(下になる全ての角がスペースである必要があります)<br/>
 
・ゴールドカードを配置する場合、必要となるリソースが<b>配置前</b>に自分の場に見えている必要があります。
 
・ゴールドカードを配置する場合、必要となるリソースが<b>配置前</b>に自分の場に見えている必要があります。
  
注意:<br/>
+
※注意<br/>
・カードによって隠されたリソース・オブジェクトは使用できなくなります。<br/>
+
・カードによって隠されたスペースにあった「リソース・オブジェクト」は、それ以降使用できなくなります。<br/>
・スペースのない角の上にカードを配置することはできませんが、スペースのない角でスペースを隠すことはできます。
+
・スペースのない角の上にカードを配置することはできません。スペースのない角を上にして重ねることは可能です。<br/>
  
 
===手札の補充===
 
===手札の補充===
リソースカード、ゴールドカードのサプライか、それぞれの山札の一番上からカードを1枚取って手札に加えます。サプライからカードを取った場合、即座に対応する山札からサプライを補充します。
+
サプライからリソースカード・ゴールドカードを1枚取るか、どちらかの山札の一番上からカードを1枚取って手札に加えます。<br>
 +
サプライからカードを取った場合、対応する山札からサプライを補充します。<br>
 +
 
 +
※山札は裏向きに置かれているので、獲得するまで色以外はわかりません<br>
  
 
==ゲームの終了==
 
==ゲームの終了==
20点を超えたプレイヤーが現れるか、2つの山札が尽きた場合、ラストプレイヤーまで手番を行ってゲームを終了します。その後、各プレイヤーは共通目標および個別目標による勝利点を獲得します。
+
勝利点が20点を超えたプレイヤーが現れるか、2つの山札が尽きた状態で、ラストプレイヤーに手番が回った後「追加で1巡」プレイを続け、ゲームを終了します。<br>
 +
その後、各プレイヤーは共通目標および個別目標による勝利点を獲得します。<br>
  
目標では、カードの色と配置や、リソース、オブジェクトによって得点を獲得できます。カードの色と配置による目標は、向きも含めて判定します。また1枚のカードを複数の目標で重複して使用することはできません。
+
目標では「カードの色と配置」や「リソース・オブジェクトの数」によって得点を獲得できます。<br>
 +
「カードの色と配置」による目標は向きも含めて判定し、1枚のカードを目標達成に複数回使用することはできません。<br>
  
最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利します。同点の場合は、目標カードの勝利点が多いプレイヤーの勝者となります。それでも同点の場合は、プレイヤーは勝利を分かち合います。
+
最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利します。<br>
 +
同点の場合は、目標カードの勝利点が多いプレイヤーの勝者となります。それでも同点の場合は、プレイヤーは勝利を分かち合います。<br>

2021年7月14日 (水) 09:41時点における最新版

内容物

リソースカード40枚

リソースには「赤:キノコ、緑:植物、青:動物、紫:昆虫」の4色があり、カードの裏面からも色を確認できます。
オブジェクトには「羽ペン・インク・写本」の3種があり、色の区別はありません。

表面は4つの角のうちいくつかにスペースがあり、「空白・リソース・オブジェクト」のいずれかがが描かれています。
一部のリソースカードの上部には勝利点が表示されています。
裏面は4つの角全てが空白のスペースになっており、中央にカードの色に対応した1個分のリソースアイコンがあります。

ゴールドカード40枚

リソースカードと異なる点として、表面に勝利点と「カードを出すために必要なリソース」が表示されています。
ゴールドカードのスペースは「空白かオブジェクト」となっており、リソースが描かれたカードは存在しません。
裏面についてはリソースカードと同じです。

スタートカード6枚

ゲーム開始時に自分の場に置かれるカードです。各プレイヤー1枚ずつ持ちます。
4つの角にリソースが表示されている表面か、中央に2つのリソースが表示されている裏面のどちらかを選択します。

目標カード16枚

ゲーム終了時に得点をもたらす条件が表示されているカードです。

セットアップ

1. リソースカード、ゴールドカードを別々にシャッフルし山札を作ります。それぞれから2枚ずつを表にしてサプライを形成します。
2. 各プレイヤーにスタートカードをランダムに1枚ずつ配ります。プレイヤーは表か裏のどちらを使うか選択します。
3. 各プレイヤーはリソースカード2枚、ゴールドカード1枚を山札から引いて手札にします。
4. 目標カードをシャッフルし、2枚表にします。これはこのゲームでの共通目標となります。
5. 各プレイヤーに目標カードを2枚ずつ配り、その内の1枚を選びます。選んだ方が個別目標となり、もう片方は捨てられます。
6. ランダムにスタートプレイヤーを決定してゲームを開始します。

ゲームプレイ

スタートプレイヤーから時計回りにターンを繰り返します。ターンでは、
1. カードのプレイ
2. 手札の補充
を順番に行います。

※BGAではプレイヤーリストの鍵穴マークを押すことで、相手プレイヤーのボード状況を表示することが出来ます

カードのプレイ

以下の規則に従って、手札からカードを1枚、自分の場にプレイします。

・カードを場に出すとき、回転させることはできません。
・カードを場に出すとき、表面を使うか裏面を使うかを選択できます。
・カードを場に出すとき、場に出されているカードのスペースを出すカードの角で隠すように配置します。(スペースが無い角に重ねることはできません)
・同じカードの複数のスペースを同時に隠す(上下や真横)ような配置はできません。
・異なるカードであれば、複数のスペースを同時に隠すことが可能です。(下になる全ての角がスペースである必要があります)
・ゴールドカードを配置する場合、必要となるリソースが配置前に自分の場に見えている必要があります。

※注意
・カードによって隠されたスペースにあった「リソース・オブジェクト」は、それ以降使用できなくなります。
・スペースのない角の上にカードを配置することはできません。スペースのない角を上にして重ねることは可能です。

手札の補充

サプライからリソースカード・ゴールドカードを1枚取るか、どちらかの山札の一番上からカードを1枚取って手札に加えます。
サプライからカードを取った場合、対応する山札からサプライを補充します。

※山札は裏向きに置かれているので、獲得するまで色以外はわかりません

ゲームの終了

勝利点が20点を超えたプレイヤーが現れるか、2つの山札が尽きた状態で、ラストプレイヤーに手番が回った後「追加で1巡」プレイを続け、ゲームを終了します。
その後、各プレイヤーは共通目標および個別目標による勝利点を獲得します。

目標では「カードの色と配置」や「リソース・オブジェクトの数」によって得点を獲得できます。
「カードの色と配置」による目標は向きも含めて判定し、1枚のカードを目標達成に複数回使用することはできません。

最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーがゲームに勝利します。
同点の場合は、目標カードの勝利点が多いプレイヤーの勝者となります。それでも同点の場合は、プレイヤーは勝利を分かち合います。