This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelppotionexplosion

提供: Board Game Arena
2022年8月2日 (火) 11:31時点におけるSarasa1a (トーク | 投稿記録)による版 (→‎拡張)
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝利条件

ポーションを作製し、ゲーム終了時点で最も勝利点を獲得していたプレイヤーの勝利。

準備

ポーション8種類のうち、ゲーム開始時に2種類を除去する。(1ゲーム中に登場するのは6種類)
ポーションタイル(レシピ)をプレイ人数×2枚ランダムに引き、カタン順(2人の場合、A-B-B-Aの順)で2枚ずつ獲得して個人ボードにセットする。
完成品が同じでも、材料の種類/個数や得られる勝利点の異なるレシピが存在する。

全員がレシピを選択した後、今回のゲームに登場するポーションの種類が公開される。
排出器に材料(ボール)を格納する。排出器には「縦8個・横5列」分のスペースがある。
タンクとの接続部分から9番目の材料を見ることが出来るが、そこから直接材料を取ることはできない。
補充用として、ランダムな5枚のポーションタイルを「利用可能なレシピ」として共通の場に置く。

手番ですること

a) 排出器の列から材料を1つ選んで取り、手元に置く。
b) a)により取った材料の上にある材料が下に落ちる。落下によって上下に接触した色が同じになった場合「連鎖(爆破回収)」となり、繋がった種類の材料も取る。該当の色が連続して並んでいれば、その全てを受け取る。
c) b)による連鎖が複数回起こるたび、その材料も受け取る。
d) a)からc)で受け取った材料をポーションの穴に配置する。以前のターンに保管していれば、自分のプールからも配置できる。
e) 完成したポーションは個人ボードの「未使用ポーション置き場」に置き、ポーションに示された勝利点を得る。使用した材料は排出器のタンクに戻す。
f) 手番内で使うことができなかった材料はプール(三角フラスコ)に保管できる。最大保管数は3個であり、保管できなかった材料は排出器のタンクに戻す。
g) 未完成のポーションを「利用可能なレシピ」から選んで個人ボードに補充する。(レシピも5枚となるよう山札から補充する)

a)を行う前か、d)~f)(完了して余った材料を排出器に戻す前まで)のタイミングで、「教授の助力」の使用や「(未使用の)作成済ポーション」を飲む事が出来る。
手番内で完成したポーションを使用する事や、複数のポーションを連続して使用する事も可能。

技術トークン

各プレイヤーが以下の条件を満たした場合「技術トークン」を1つ受け取る。技術トークンは1つ4勝利点となる。
・同種類のポーションを3個完成した
・6種類の内、ポーションを5種類完成した

教授の助力

ターン中1回だけ「教授の助力」が使える。
教授の助力トークンを1つ受け取り、排出器の任意の場所から材料1つを取れる。これにより連鎖(爆破回収)は起こらない。
教授の助力トークンは1つマイナス2勝利点となる。

ポーションの能力

使用済みのポーションは逆さまにされ使用できなくなる。
未使用でも使用済でも、ポーションから得られる勝利点は変わらない。
オプション「シンプルゲーム」の設定で、最初に除去する2種類を「ランダム除去(オフ)」か「決まった薬を除去(オン)」とするかを選択できる。

・知恵薬(Potion of Wisdom):排出器から任意の材料を1つ取る。これにより連鎖(爆破回収)は発生しない。
・逢引薬(Potion of Magnetical Attraction):排出器の1つの列から、縦に連続している2つの材料を取る。この2つは異なる種類でなくてはならない。これにより連鎖(爆破回収)は発生しない。
・深淵微集薬(Abyssal Draft):排出器の一番下にある材料を、「各色につき最大1つ」かつ「各列から最大1つ」取ることができる。
・超粘軟膏(Balm of Uttermost Stickiness):排出器から同じ色の連続する2つ以上の材料を取る。これにより連鎖(爆破回収)は発生しない。
・盲目愛薬(Elixir of Blind Love):1人の対戦相手を選び、相手のプールから全ての材料を取る。
・多彩歓喜薬(Potion of Prismatic Joy):プールにある材料を、レシピの色に関係なく設置することができる。(使用前に、使いたい材料をプールに移動させておく)
・時砂薬(Sands of Time):自分のボードから使用済みのポーション1つを選び、その効果を発動させる。
・溶岩術濾過薬(Filter of Lavamancing):排出器の列から1色を選び、その列から同じ色の材料を最大5つまで取り除いてタンクに戻す。これにより連鎖(爆破回収)は発生しない。

ゲーム終了

場の技術トークンがなくなった時がトリガーとなり、ラストプレイヤーまでターンを行ってゲームが終了する。
場に技術トークンがない場合でも、条件達成すれば通常通り技術トークン(および勝利点)を受け取ることができる。
タイブレークの場合、該当プレイヤーが順番に連鎖(爆破回収)を起こし最も材料を獲得したプレイヤーの勝利となる。

拡張

■5番目の材料
6人までプレイ可能になり、準備段階で技能トークンも人数に応じて用意する。
5・6人の場合排出器を2つ用意し、一方を収集用、一方を返還用とする。
基本的には収集用排出器からのみ玉の収集を行う。玉を戻す際は返還用排出器に戻す。
返還用排出器が目に見える範囲で列が全部玉で埋まったら、収集用と返還用を入れ替える。

恐怖の大釜内にはエクトプラズム(ワイルドの材料)が入っている。
・無節操樹脂薬(Chameleonic Varnish):色を1つ選択する。手元にあるその色のすべての材料は、選択した他の単一の色として扱われるようになる(色として「ワイルド」を選択することはできません)。
・敏感醸造薬(Brew of Feather Touch):排出器の同じ横列から同じ色の2つ以上の隣接する材料を取る(縦列ではありません)。各列から取ることができる材料は1つだけです。爆発は発生しない。
・戦慄調合薬(Ghastly Concoction):手元の材料1つを恐怖の大釜内の1つと交換する。
・心霊現象薬(Dram of Poltergeist Sweat):1人の対戦相手のプールから材料1つを盗み、それを恐怖の大釜内の材料1つと交換する。

ゲーム開始時に教授タイルを1枚ないし2枚公開し、各プレイヤーゲーム中その効果を受ける。
・シ・ザン・シュイモ(SHI ZAN SHUIMO):教授の助力トークンを獲得するときはいつでも、通常通り排出器から材料を1つ取るか、すでに使用したポーションの効果をアクティブにするかを選択できる。
・アンキシゲノス・オクロックキット(ANXIOGENOUS O’CLOCKITT):あなたのターンを完了するのまで90秒持っている。あなたがターンを完了する前に時間がなくなると、1つの叱責トークンを受け取り、タイマーを再開します。タイマーが切れるたびに1つの叱責トークンを受け取る。
・アンティーク・スリフティマインド(ANTIQUA THRIFTYMIND):あなたのターンの終わりにあなたのプールが満杯になった場合、あなたはその材料の1つを恐怖の大釜内の1つと交換することができる。
・アルベダス・ハンブルスコア(ALBEDUS HUMBLESCORE):手元から同じ種類の材料を2つ捨てて、教授の助力トークンを1つ破棄することができる。
・オーバーウィルマ・エクスプローシュワ(OVERWHILMA EXPLOSIWA):通常のピックで8つ以上の材料玉を得る場合、その材料の1つを恐怖の大釜内の1つと交換することができる。
・ギデオン・プリシマン(GIDEON PRISSYMANN):手元に未使用の材料が1つ以上ある状態でターンを終了すると、叱責トークンを1つ受け取る。
・グラビシア・ティディガル(GRAVITHA TIDYGALL):ポーションタイルに材料を配置するときは、下層から始めて上に進む必要がある。ポーションの上層に玉を初めて配置し、下層に1つ以上の穴が残っている場合は、そのポーションタイルに叱責トークンを配置する。ただし、罰せられるのは1回だけです。各ポーションタイルには最大1つの叱責トークンしか存在できません。そのポーションが完成したら、叱責トークンをトークンプールに追加する。
叱責トークン:所持する叱責トークンごとにゲーム終了時に1VPを失う。

■6番目の学生
◎マンドラゴラの葉
5番目の材料であるマンドラゴラの葉は以下の方法で使用できる。
該当色の玉がまだ1つも入っていない色スペースの穴に入れることができる。ただし、これを入れてしまうと該当色の玉はこのスペースに入れることはできなくなり、以降はマンドラゴラの葉(もしくはワイルドのエクトプラズム)のみ入れることが可能になる。
※注意:多彩歓喜薬を使用した場合でもこの効果の影響を受け続ける。

・無神経薬(Concentrate of Selfishness):各対戦相手のプールから材料を1つずつ盗む。
・寛容調合薬(Generosity Confection):排出器の同じ列から、プレイヤーの数に等しい数の隣接する材料を取り、これらの材料の1つを各対戦相手のプールに配置し、1つを自分用に保持する。対戦相手のプールがすでにいっぱいになっている場合は、その材料を捨てて排出器に戻す。