This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

「Gamehelpinnovation」の版間の差分

提供: Board Game Arena
ナビゲーションに移動 検索に移動
(ページの作成:「==Innovatin(イノベーション)のゲームヘルプ== メモにマウスを置くと、アクションとキーワードを思い出すことができます。...」)
 
(全角()を半角に。数字の全角を半角に。プレーヤー表記をプレイヤーに変更。)
1行目: 1行目:
==Innovatin(イノベーション)のゲームヘルプ==
+
==Innovatin(イノベーション)のゲームヘルプ==
  
 
メモにマウスを置くと、アクションとキーワードを思い出すことができます。
 
メモにマウスを置くと、アクションとキーワードを思い出すことができます。
12行目: 12行目:
 
オンライン・アダプテーションは、作品のためのアスマディ・ゲームの初版に基づいています。 ルールについては、次の中から選択できます。
 
オンライン・アダプテーションは、作品のためのアスマディ・ゲームの初版に基づいています。 ルールについては、次の中から選択できます。
  
*ラストエディション(これがデフォルトです):これらはAsmadiの「Innovation Deluxe」パックのルールです。
+
*ラストエディション(これがデフォルトです):これらはAsmadiの「Innovation Deluxe」パックのルールです。
  
 
*初版:これはオリジナルのアスマディーゲームのルールです。 これらのルールは、Ielloエディションと一致しています。
 
*初版:これはオリジナルのアスマディーゲームのルールです。 これらのルールは、Ielloエディションと一致しています。
24行目: 24行目:
 
メルドしたカードのうち、英語のアルファベット順でスタート時の順番が決まります。
 
メルドしたカードのうち、英語のアルファベット順でスタート時の順番が決まります。
  
最初のプレーヤーは、1回行動できます(4人プレイの時は、同様に2番目のプレーヤーも1回行動できます)。
+
最初のプレイヤーは、1回行動できます(4人プレイの時は、同様に2番目のプレイヤーも1回行動できます)。
  
 
以降は、自分の手番で2回行動できます。
 
以降は、自分の手番で2回行動できます。
30行目: 30行目:
 
===手番の行動===
 
===手番の行動===
 
----
 
----
ゲームの最初の手番のスタートプレーヤーを除いて、1手番ごとに2回行動しなければなりません。可能な行動は4つあります。同じ行動を2回選択することも可能です。
+
ゲームの最初の手番のスタートプレイヤーを除いて、1手番ごとに2回行動しなければなりません。可能な行動は4つあります。同じ行動を2回選択することも可能です。
  
'''ドロー'''(山札から一枚引く):あなたの展開しているボード上の一番上のカードと同じ時代のカードをサプライデッキから1枚引きます。 このデッキが空の場合、次の利用可能な上位デッキ(後の時代)から引きます。 このルールは、 "ドロー(draw)"キーワードを使用したエフェクトにも適用されます。
+
'''ドロー'''(山札から一枚引く):あなたの展開しているボード上の一番上のカードと同じ時代のカードをサプライデッキから1枚引きます。 このデッキが空の場合、次の利用可能な上位デッキ(後の時代)から引きます。 このルールは、 "ドロー(draw)"キーワードを使用したエフェクトにも適用されます。
  
 
'''メルド'''(手札から1枚場にプレイする):同じ色のカードが既にある場合は、同じスタック上でプレイされる。同じ色がない場合、新しいスタッグとなる。既に左か右、または上にスライドされている場合、スライドした状態を継続する。
 
'''メルド'''(手札から1枚場にプレイする):同じ色のカードが既にある場合は、同じスタック上でプレイされる。同じ色がない場合、新しいスタッグとなる。既に左か右、または上にスライドされている場合、スライドした状態を継続する。
  
'''ドグマ'''(場のカード効果を用いる):'''要求する(demand)'''場合、各対戦相手は、あなたの場の対象の機能アイコンよりも少ない場合、実行しなければならない。 要求しない場合(non-demand)、あなたの場の対象の機能アイコンより多い対戦相手は、この効果を共有することができます(しなくともよい)。効果は時計回り(BGAではプレーヤー欄の上から下)に実行され、終了します。1枚のカードに、複数の効果が書いてある場合、すべての効果が発揮されます。他のプレーヤーに影響があった場合、あなたはこの行動の最後に1回ドローします。
+
'''ドグマ'''(場のカード効果を用いる):'''要求する(demand)'''場合、各対戦相手は、あなたの場の対象の機能アイコンよりも少ない場合、実行しなければならない。 要求しない場合(non-demand)、あなたの場の対象の機能アイコンより多い対戦相手は、この効果を共有することができます(しなくともよい)。効果は時計回り(BGAではプレイヤー欄の上から下)に実行され、終了します。1枚のカードに、複数の効果が書いてある場合、すべての効果が発揮されます。他のプレイヤーに影響があった場合、あなたはこの行動の最後に1回ドローします。
  
'''アーカイブ'''(功績を得る):その時代の価値の5倍以上のスコアが得られ、自分の場のトップカードが同等以上の価値(=時代)である場合は、功績を得ることができます。例えば、時代1を達成するには、あなたの得点ボードに5点と場に時代1以上のカードが必要です。時代2の功績を得るには、得点ボードに10点、場に時代2以上のカードがあれば達成できます(累積で数える必要はありません)。特別な業績は、それらを主張するための行動を必要とせず、条件が満たされるとすぐに獲得されます。
+
'''アーカイブ'''(功績を得る):その時代の価値の5倍以上のスコアが得られ、自分の場のトップカードが同等以上の価値(=時代)である場合は、功績を得ることができます。例えば、時代1を達成するには、あなたの得点ボードに5点と場に時代1以上のカードが必要です。時代2の功績を得るには、得点ボードに10点、場に時代2以上のカードがあれば達成できます(累積で数える必要はありません)。特別な業績は、それらを主張するための行動を必要とせず、条件が満たされるとすぐに獲得されます。
  
 
===ゲームの終了条件===
 
===ゲームの終了条件===
 
----
 
----
3つの終了条件があります。
+
3つの終了条件があります。
  
'''功績を集める''':プレイヤーが必要な数の功績を獲得した場合、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。
+
'''功績を集める''':プレイヤーが必要な数の功績を獲得した場合、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。
*2人プレイ時:6つの功績
+
*2人プレイ時:6つの功績
*3人プレイ時:5つの功績
+
*3人プレイ時:5つの功績
*4人プレイ時:4つの功績
+
*4人プレイ時:4つの功績
*4人プレイ(チーム戦)時:チーム内で6つの功績
+
*4人プレイ(チーム戦)時:チーム内で6つの功績
  
'''時代11以上の山札を引こうとする''':プレーヤーが時代11以上のカードを引こうとした時、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。勝者は、得点の一番高いプレーヤーです。タイブレーカーが生じた場合、功績の数に依ります(これが同数の場合、同着になります)。
+
'''時代11以上の山札を引こうとする''':プレイヤーが時代11以上のカードを引こうとした時、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。勝者は、得点の一番高いプレイヤーです。タイブレーカーが生じた場合、功績の数に依ります(これが同数の場合、同着になります)。
  
'''ドグマの効果''':いくつかのカードの中には、ドグマの効果によって勝利が設定されています。この効果を満たす場合、勝利することができます。複数のプレーヤーが資格を有する場合(チーム内で有している場合を除き)、ゲームは続行されます。
+
'''ドグマの効果''':いくつかのカードの中には、ドグマの効果によって勝利が設定されています。この効果を満たす場合、勝利することができます。複数のプレイヤーが資格を有する場合(チーム内で有している場合を除き)、ゲームは続行されます。
  
 
===勝利のために===
 
===勝利のために===
60行目: 60行目:
 
これは、あいまいさを埋める手助けとなるはずです。また、多くの効果を見込めます。
 
これは、あいまいさを埋める手助けとなるはずです。また、多くの効果を見込めます。
  
*状況により、交換は一律ではありません。2枚が2枚、2枚が4枚、また、0枚でさえ10枚になりえるのです。
+
*状況により、交換は一律ではありません。2枚が2枚、2枚が4枚、また、0枚でさえ10枚になりえるのです。
 
*発動された効果を満たすのに十分なカードがない場合は、持っているすべてのカードが適用されます。
 
*発動された効果を満たすのに十分なカードがない場合は、持っているすべてのカードが適用されます。
 
*発動するためのカードが足りていない場合、発動されません。
 
*発動するためのカードが足りていない場合、発動されません。

2018年9月6日 (木) 16:23時点における版

Innovatin(イノベーション)のゲームヘルプ

メモにマウスを置くと、アクションとキーワードを思い出すことができます。

ゲームのエディションと違い


このゲームは、2010年にAsmadi Gamesによって最初に出版されました。

その後、Ielloは2011年に同じメカニックスとカードの効果で、別の用語を使用して別のエディションのゲームを公開しました。

最近では、Asmadi Gamesが新しいゲーム「Innovation Deluxe」に新しいグラフィックスを加えて元のゲームとそのすべての拡張版を集め、バランスのとれた9枚のカードに若干の変更を加えました。

オンライン・アダプテーションは、作品のためのアスマディ・ゲームの初版に基づいています。 ルールについては、次の中から選択できます。

  • ラストエディション(これがデフォルトです):これらはAsmadiの「Innovation Deluxe」パックのルールです。
  • 初版:これはオリジナルのアスマディーゲームのルールです。 これらのルールは、Ielloエディションと一致しています。

ゲームの開始


ゲームの開始時には、あなたの手に「時代1」のカードが2枚配られます。

あなたは1枚メルドし、もう一方をあなたの手札とします。

メルドしたカードのうち、英語のアルファベット順でスタート時の順番が決まります。

最初のプレイヤーは、1回行動できます(4人プレイの時は、同様に2番目のプレイヤーも1回行動できます)。

以降は、自分の手番で2回行動できます。

手番の行動


ゲームの最初の手番のスタートプレイヤーを除いて、1手番ごとに2回行動しなければなりません。可能な行動は4つあります。同じ行動を2回選択することも可能です。

ドロー(山札から一枚引く):あなたの展開しているボード上の一番上のカードと同じ時代のカードをサプライデッキから1枚引きます。 このデッキが空の場合、次の利用可能な上位デッキ(後の時代)から引きます。 このルールは、 "ドロー(draw)"キーワードを使用したエフェクトにも適用されます。

メルド(手札から1枚場にプレイする):同じ色のカードが既にある場合は、同じスタック上でプレイされる。同じ色がない場合、新しいスタッグとなる。既に左か右、または上にスライドされている場合、スライドした状態を継続する。

ドグマ(場のカード効果を用いる):要求する(demand)場合、各対戦相手は、あなたの場の対象の機能アイコンよりも少ない場合、実行しなければならない。 要求しない場合(non-demand)、あなたの場の対象の機能アイコンより多い対戦相手は、この効果を共有することができます(しなくともよい)。効果は時計回り(BGAではプレイヤー欄の上から下)に実行され、終了します。1枚のカードに、複数の効果が書いてある場合、すべての効果が発揮されます。他のプレイヤーに影響があった場合、あなたはこの行動の最後に1回ドローします。

アーカイブ(功績を得る):その時代の価値の5倍以上のスコアが得られ、自分の場のトップカードが同等以上の価値(=時代)である場合は、功績を得ることができます。例えば、時代1を達成するには、あなたの得点ボードに5点と場に時代1以上のカードが必要です。時代2の功績を得るには、得点ボードに10点、場に時代2以上のカードがあれば達成できます(累積で数える必要はありません)。特別な業績は、それらを主張するための行動を必要とせず、条件が満たされるとすぐに獲得されます。

ゲームの終了条件


3つの終了条件があります。

功績を集める:プレイヤーが必要な数の功績を獲得した場合、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。

  • 2人プレイ時:6つの功績
  • 3人プレイ時:5つの功績
  • 4人プレイ時:4つの功績
  • 4人プレイ(チーム戦)時:チーム内で6つの功績

時代11以上の山札を引こうとする:プレイヤーが時代11以上のカードを引こうとした時、(ドグマ効果内でさえも)ゲームは直ちに終了します。勝者は、得点の一番高いプレイヤーです。タイブレーカーが生じた場合、功績の数に依ります(これが同数の場合、同着になります)。

ドグマの効果:いくつかのカードの中には、ドグマの効果によって勝利が設定されています。この効果を満たす場合、勝利することができます。複数のプレイヤーが資格を有する場合(チーム内で有している場合を除き)、ゲームは続行されます。

勝利のために


できるだけ多くのことをし、他を無視してください。

これは、あいまいさを埋める手助けとなるはずです。また、多くの効果を見込めます。

  • 状況により、交換は一律ではありません。2枚が2枚、2枚が4枚、また、0枚でさえ10枚になりえるのです。
  • 発動された効果を満たすのに十分なカードがない場合は、持っているすべてのカードが適用されます。
  • 発動するためのカードが足りていない場合、発動されません。