This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpgetonboard

提供: Board Game Arena
2022年8月9日 (火) 23:59時点におけるSarasa1a (トーク | 投稿記録)による版 (→‎ルートマーカー)
ナビゲーションに移動 検索に移動

準備

全12ラウンド。
各プレイヤーはゲームのはじめに1枚の個人目標(3箇所の目標地点が示されている)を受け取り、ゲーム開始のマスを2箇所から1箇所選択する。そこに自分の色のスタートマーカーを置き、以降スタートマーカーが置かれていない方の端が現在いる地点と確認できる(もしくはループしてきて開始地点にいる)。
共通目標も2枚公開される。

ルートマーカー

各ラウンドでは12枚あるチケットカードが1枚公開される。
ターン順に、各プレイヤー自分のシートのその番号にチェックし、そこに示された形に準じてルートマーカーを置いていく。
ターンごとにスタートプレイヤーは交代する。
●ルートマーカー配置ルール
現在いる地点からスタートする。
チケットカードに示されたルールのみ進むことができる。
・直線に1/2/3本
・1本置いた後にそこから90度曲げて1本
・1本置いた後にそこから90度曲げて1本、またその後にそこから90度曲げて1本
ルートは指定された形を最後まで進み、途中で置くのをやめることはできない。
同じターンで来た道を戻ることはできない。
●渋滞
すでに自分も含めいずれかのプレイヤーのルートマーカーが置かれた道にルートマーカーを置く場合、すでに置いてある数だけ自分の渋滞トラックをチェックする。
ゲーム終了時にマイナスが示された分だけ減点になる。
●ニューヨークの黒い道
ボードの黒い道に置く場合も置いた数だけ渋滞トラックをチェックする。
●青信号
青信号でルートを終了する場合、追加で可能な方向に1本ルートマーカーを置く。
●即刻失格
もしも同じ道を通らなければいけない(自分のルートマーカーがすでに置かれた道に新たにルートマーカーを置かなければいけない)場合、あなたは失格しゲームから除外される。勝利点も得られない。
●ターンゾーン
ルートの途中で直線/曲がるを変更することができる。
これを行う場合、ターンゾーントラックを使用した回数チェックする。
ゲーム終了時にマイナスが示された分だけ減点になる。
最大5回まで実行可能。

乗客・建物

上記のターンで通過・到着したマスの乗客・建物の数分シートにチェックする。
●おばあさん
おばあさんトラックを上から順にチェックする。
これはそのままゲーム終了時得点になる。
●学生・学校
学生・学校のトラックをチェックする。
ゲーム終了時、学生×学校の値の勝利点を得る。
注意:下の3つは後述の会社員ボーナスでのみチェックできる。
●会社員・観光客
左上から順に左詰めでチェックする。
すでに横列が得点化されている場合、もしくは右端まで埋めた場合は1つ下の左端からチェックする。
●会社・観光地
会社なら上記のチェックしていない一番上の横列、観光地なら同観光客を確認する。
そこの最大まで進んだ地点の下に示された数字を横列の右側のマスに書き込み、これが勝利点になる。
埋まっていないその列のマスがあったら塗り潰しておく。
学生・観光客がいない状態で会社・観光地に到着しても何も起こらない。
会社の場合、その後学生トラックの一番下を1つチェックする。更に、得点化した地点の下に示された人物(おばあさん/観光客/学生)を1つチェックする。
観光地の場合、その後対応した観光地をチェックする。これは観光客がいない場合でも発生し、これは目標で使用される場合がある。

●★の都市
学生・学校、会社員・会社、観光客・観光地の3つのゾーンに★で都市名が示されている。
この都市に到着・通過した場合、即座に対応する現在の学生・会社員・観光客の数を確認し、その数字を★欄に記入しこれがそのまま勝利点となる。
観光客の場合、2番目に到着した★都市で書き込む数字は全体の観光客数から1番目に書き込んだ★都市の数字となる。そしてこの2つの大きい方のみが勝利点となる。

共通目標

ゲーム中それぞれの共通目標について1番目に達成した場合10勝利点、それ以降に達成した場合はすべて6勝利点となりそれをシートに書き込む。

得点計算

上記の得点に加え以下の方法で得点する。
個人目標で示された地点をすべて通っていれば10勝利点。
観光地・会社で得点化されていない横列について、本来得るはずの半分の点数を得る。端数切捨て。

最も勝利点の多いプレイヤーの勝利。タイブレークはなし。