This is a documentation for Board Game Arena: play board games online !

Gamehelpdeus

提供: Board Game Arena
2021年11月4日 (木) 11:40時点におけるSarasa1a (トーク | 投稿記録)による版 (→‎建築)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲームの準備と地形による生産

大陸タイルからゲームボードを構成する。地形の未開人の村へ指定のVPチップを置く。
2人プレイ:4タイル
3人プレイ:6タイル
4人プレイ:7タイル

大陸タイルと同数の寺院駒をストックに準備する。
全体ストックに石・粘土・小麦・木の4つの資源を各5個を1セットとしてプレイヤー人数分用意します。つまり2人プレイなら計20個、3人プレイなら計40個、4人プレイなら計60個になります。これは有限でゲーム中ストックが尽きているなら獲得できません。ただし金は無限にあるものとします。
プレイヤーはそれぞれ5金、全体ストックから4つの資源(石・粘土・小麦・木を各1つ)、および5VPを取ります。
更に建築駒の公共施設、科学施設、船&海事施設、軍隊、生産施設を各5個計25個を自分のストックに受け取り、そこから各種類2個を自分の手元に受け取ります。
ビルドカードを各プレイヤーに5枚ずつ配る。

・地域はそれぞれ、対応する資源があります。
◎畑(黄色ヘクス地形)は小麦(黄色資源)を生産します。
◎森(緑色ヘクス地形)は木材(緑色資源)を生産します。
◎湿地(茶色ヘクス地形)は粘土(茶色資源)を生産します。
◎山脈(灰色ヘクス地形)は石(灰色資源)を生産します。

ゲームの流れ

ゲームは数ラウンドに渡って続きます。
各ラウンドでスタートプレイヤーから順番に、右回りにプレイします。
手番では2つのアクションのどちらかを選択し、実行します。
A.建築
B.神への供え物をする

建築

建物を建設するには、最初に手札からビルドカードをプレイします。「一般建築物」と「寺院」の、2つの異なるタイプの建物があることに注意してください。

【一般建築】
以下のステップに従って、個人ボードから一般建築物(公共施設、科学施設、船&海事施設、軍隊、生産施設)を建設します。

1.個人ボード上に、プレイするビルドカードに描かれているのと同じタイプの駒を1つ以上を持っていることを確認してください。なければビルドカードのプレイができません。

2.個人ボードにビルドカードを置いてください。あなたの個人ボードは色によって6カラムに分かれています。プレイしたカードは同じ色のカラムの一番上に置いてください。カラムのすべてのカードの効果を見えるようにしてください。

3. カードの左上にアイコンで示されたコストを払ってください。資源および(または)お金で支払うことができます。払った資源は全体ストックに戻します。
※重要:建築コストを払う場合、資源はそれぞれ4金で代用できる。

4.共有のゲームボード上の地域に建築物駒を置いてください。この駒はあなたの個人ボードから置きます。駒の配置は以下の配置規則に従う必要があります。
ゲームボードの端にある地域に最初の建物を置かなければなりません。可能ならば、少なくとも2つの何も置かれていない空の地域によって、各プレイヤーが占領した最初の地域を分離しなければなりません(要は最初に配置する駒は他プレイヤーの駒からは2マス以上離します)。
・その後に配置する建物は、自分が駒を置いた地域かそれに隣接している、いずれかの地域に建設することができます(他プレイヤーが既に駒を置いている地域に駒を配置することはできません)。
・一つの地域にはそれぞれ、'異なるタイプの建物を置く必要があります(例えば、2戸の公共建築物を同じ地域に置くことができません)。
・未開人の村に建物を建設することはできません。
・船および海事施設は海にのみ置くことができます。他の建物は海に置くことができません。
・望むなら、3VPをコストにゲームボードの端にある空の地域に建物を置いてもよいです。これはある状況に役立つ場合があります(例えば、あなたの支配地域が全て他プレイヤーの支配地域で囲まれてしまった場合など)。

5. ビルドカードをプレイした際、置いたカラムのすべてのカードの効果を発生させることができます。その際、下に置かれたカードから上に置かれたカードへ、順番にカードを活性化しなければなりません。各カードの効力はアイコン、およびテキストで描かれています。5個の建築駒を持っているので各カラムは最大5枚のカードがプレイできるわけです。
各色のざっくりとした特徴:
◎船&海事施設(青)……海にのみ配置可能。資源を得点に変換。資源をお金に変換。
◎生産施設(緑)……資源生産。
◎科学施設(黄)……手札・建築駒補充。他のカードの再利用。
◎公共施設(茶)……条件により得点。お金。
◎軍隊(ピンク)……移動可能。未開人の村への攻撃に関連。
◎寺院(紫)……条件でゲーム終了時最大12VP。最初は無条件で出せるが次からは上記の5個のセットが必要。ゲーム終了トリガー。

【寺院】
寺院を建築するためには、以下のステップに従わなければなりません。

1. 最初の寺院を建造する場合は、個人ボードの右の端にカードを置いてください。

2.2番目の寺院を構築するためには、個人ボード上に各色1枚のカードをプレイ済でなければなりません。3番目の寺院を構築するためには、個人ボード上の各色の2枚のカードをプレイ済でなければなりません。以下同様にセットが必要です。

3. カードの左上にアイコンで示されたコストを払ってください。コストは共通で石・粘土・小麦・木を各1つで、これも任意の資源を4金で代用可能です。払った資源は全体ストックに戻します。
条件を満たしていれば、建設した寺院からはゲーム終了時にVP(1つの寺院当たり最大12のVP)を得ることができます。

4. 共有のサプライから支配済みの地域の1つに寺院駒を置いてください(寺院は他の建築物が建っている地域にしか置けないということです。単独で寺院を建てることはできません)。
他のタイプの建物のように、1地域中に複数の寺院を建てることはできません。
寺院は、地域の建物の数に依存して効果が発生するカード結果判定の際には、一般建築物と同じ扱いになります(カウントします)。

●軍隊の移動
軍隊の移動は、未開人の村・自分または他プレイヤーの駒の上を通過するような動きが可能です。他プレイヤーの駒がある海は通過できません。自分の船のない海を通過・停止はできません。最終着地地点は自分の駒があるマスか空のマスにしないといけません。(VPチップのない未開人の村は空のマスではありません)
注:軍隊がいる地域に寺院を建造すれば、その地域に別の建物を建築するまで、軍隊を移動させることができません。
※重要:他の建物と異なり、寺院が尽きた場合でも、寺院カードをプレイすることはまだ可能である。この場合、単にゲームボードに寺院駒を置かないことになる。

●未開人の村への攻撃
共有ボードに建物を置いた後に未開人の村を攻撃することが可能です。この攻撃は、直ちに起こります(攻撃が解決されるまでラウンド休止。先に攻撃を処理します)。

次の条件が満たされた時に攻撃が起こります。
・プレイヤーは村に隣接している地方をすべて占領します(単独である必要はない)。
・それらの隣接地域に少なくとも1つの軍隊があります。

これが起こる場合、未開人の村に隣接している地域の中で最多の軍隊を持っているプレイヤーによって攻撃されます。
攻撃者は、未開の村に置かれたVPを勝ち取ります。
今後、この地域は未開の村があることを条件とするカードの結果に反映されません。
村を囲む軍隊の数が複数プレイヤーで同数の場合には、村の隣接地域により多くの建物を建設したプレイヤーがVPを勝ち取ります。
それがまだ同数である場合、各プレイヤーはVPを人数分で割った分(端数切り捨て)得ます。

●自動手札補充
※重要:アクションの終わりに、手札が無くなっていたら、山札から新たに5枚引く。

神への供え物をする

神に救いを求めるために手札を捨て札にして、新たにカードを山札から5枚まで補充します。
このアクションによって、プレイヤーはカードの補充の他に利益を得ます。
以下のステップに従う必要があります。

1. 手札を好きな枚数だけ捨て札とし、何枚捨てるのかを公開します(少なくとも1枚のカードを捨て札にすれば、手札のうちのいくつかを取っておくことはできます)。

2.捨て札は表にして公開します。他プレーヤーに公開するのは一番上のカードだけで、下になっているカードは非公開です。

3.神の力による利益は捨て札の中でプレイヤーが選んだカードのいずれかに依存し、力の大きさは捨て札の数に比例します。効果は後述。

4. 上記の効果を処理後、手札が5枚になるまで山札からカードを補充して下さい。

※重要:手札の最大数は10枚です。10枚以上の手札を引くことが可能な場合でも、上限を越えてカードを補充することはできません。引いてから捨てるのではなく引くことができません。
注:5枚を越えるカードを持っていても、5枚にまで減らす必要はありません。5枚以上のカードを持ち続けることが出来ます。

捨て札の種類によって、供物を捧げる神が異なります。神から得られる効果はそれぞれで異なります。
◎船&海事施設(青)……ネプチューン。捨て札1枚につき2金。さらに1戸の船&海事施設駒を個人ボードに補充。
◎生産施設(緑)……セレス。捨て札1枚につき好きな資源を1つ。さらに1戸の生産施設駒を個人ボードに補充。
◎科学施設(黄)……ミネルバ。捨て札1枚につき、1枚余分にカードを補充できる。さらに1戸の科学施設駒を個人ボードに補充。
◎公共施設(茶)……ベスタ。捨て札1枚で1VPを得る。捨て札が2枚以上の場合は、追加の捨て札が何枚あろうとも変わらず合計2VPを得る。さらに1戸の公共施設駒を個人ボードに補充。
◎軍隊(ピンク)……マーズ。捨て札1枚につき、好きな施設を1つ補充。軍隊である必要はない。
◎寺院(紫)……ジュピター。任意の神の効果(1種類のみ)を、捨て札分得る。

※BGAでは最初に捨てるカードをすべて選び、そこから供え物を選択し、その中からどの効果を適用するか選択する。BAJのように最初に選ぶカードに依存するわけではない。

ゲーム終了と得点計算

下記の条件のどちらかを満たすとゲームは終了します。
・共有のサプライから寺院駒がなくなった。
・全ての未開人の村からVPチップがなくなった。

条件のどちらかを満たした場合、そのラウンドをラストプレイヤーまで実行し、その後追加の最終ラウンドを1ラウンド行います。

プレイヤーはそれぞれ、以下の物を足し合わせ、最終得点を計算します。
・ゲーム中に得たVP。
・建築した寺院(1つの寺院辺り最大12VP)によって与えられたポイント。
・各タイプの資源(小麦、木、石、粘土)および金については、どのプレーヤーが最大(それは少なくとも1であるに違いありません)を持っているかチェックしてください。そのプレイヤーは2VPを受け入れます(トップタイのプレイヤーが複数いる資源がある場合、それぞれ2VPを得ます)。

タイブレークはありません。

バリアント

・ワイルドカード:各プレイヤーゲーム中に1回、任意のタイプの建物としてカード1枚を裏向きに建築できる。